fc2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

段々畑の麦踏み

先日、遊びに来てくれたお兄さんたち、留学生たちと麦踏みをしました。

せっかく芽を出した麦を踏む!?
留学生たちはびっくりしてましたが、踏むことで、生長点が刺激を感じて
分けつ( 1本の根元から新芽が伸びて茎が分かれて伸びることです。)し、
結果収穫量も増えて、根もしっかりと張るので、倒れにくくなるという効果が!

「踏まれて、踏まれて、強くなる」 人間も同じかも!なるほどーー!と子ども達(^^)
4,1,21,3

2か月前の11月に、みんなで蒔いた麦の種。
しっかり芽を出してくれて、冬休みは毎日太志が麦踏みを。
新学期からは留学生たちが麦踏みをしてくれています。
4,1,21,10

私も、平日の朝の動物の世話のついでに、時々麦踏み。
朝日を浴びて、なんて気持ちの良い時間✨
4,1,21,1

芝のいち君も、海を眺めて何を思っているのかな。
4,1,21,2

お天気が悪い日だって、子ども達は外へ。
小雨が降る中、空を眺める子ども達。
雨には雨の美しさが。
4,1,21,4

話は変わって最近の美味しいもの。
おやつにたびたび登場するのは、カンコロ餅!
知人の手作りで、えんのと違って超なめらか(*^^*)
4,1,21,5

最近、釣りたてのイカをいただいて、いい部分はすぐ刺身で。
耳と足は、ドリアにしました。子ども達が、大人の大きさも
全員ペロリ!
4,1,21,6

受験生の太志は、きつい勉強の合間に、イチの存在に癒されている様子。
4,1,21,9

癒されている太志を見る私も癒される。
4,1,21,8

どんどん大きくなっていくイチ。
みんなのアイドル、イチ。
イチの成長を、留学生にもそばで見てもらえて、嬉しいです。
4,1,21,7
スポンサーサイト



五島のお母さんへ。

ちーちゃん!久しぶり!みさとです!覚えていますか?
時々この「塩屋の嫁日記」が気になり、検索して見てます!太志が大きくなっていて驚きです、、え!膝に乗ってたのに!って笑 時が経つのは早いなぁ。
五島のしまキャンプでの経験は大人になった今でも楽しい貴重な経験として蘇ります。本当に心に残るような出来事ばかりで、ありがたいなあ。そしてBBQとかで火を見た時には、ゴリリンの事を思い出します笑 こっちじゃ大きい火はなかなか見られないので、見る度に、皆で輪になってお喋りしたことやキャンプファイヤーのこととか、懐かしいなあって。
そして大人になった今、ちーちゃんとゴリリンの暮らしに憧れています!子どもの時は楽しい!これやりたい!でも携帯もゲームも無いのは退屈だなあ。なんて思ってたけど。今は、1日1日を皆と大切に丁寧に生きている、そんな日々が羨ましいと感じます。だからちーちゃん達の暮らしを見られるこのブログが楽しみです!
余談だけど、少し前に結婚しました!子どもはまだ先の予定だけれど。便利な世の中になっても、ちーちゃん達みたいに、変わらない大切なものは教えなきゃなってそう思います。長くなってごめんなさい!投稿、楽しみにしてます!
コロナを乗り越えて、また皆で会えることを心待ちにしてます!

Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和4年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和5年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR