fc2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

不格好だけど・・「えん」の自家製カンコロ餅!


サツマイモも、もち米も、自家製!ようやく念願の、材料から手作りの
カンコロ餅ができました!

おばあちゃんが母に、母が私に教えてくれた試行錯誤の作り方。
でも、うちは蒸すのもせいろと薪で、搗くのも臼と杵でやるので、
いやーーー、難しいです( ;∀;)

「えん」独自の作り方をご紹介♪(まだ、試行錯誤中ですが)
3,11,10,1

先日からみんなで作ったカンコロ(干し芋)が、メインの材料です。
しっかり乾きました!
ところどころ黒っぽくなったのは、芋のゆで加減が足りなかったようです。
来年はきれいなカンコロづくりに再チャレンジ!
3,11,10,3 (2)

カラッと乾いた干し芋を戻すために、熱湯に5分。
せいろに入れて・・
3,11,10,3 (1)

えんのもち米と共に、蒸していきます。
3,11,10,4

一時間ほどで、お米もカンコロもふかふか、いい香り。
3,11,10,6 (1)

何でも「やってみる」のが好きな主人は、もち米とカンコロと砂糖を
臼に入れて、いきなり搗き始めました。
結果・・味はいいけど、芋がなめらかではない・・。
3,11,10,8 (1)

そこでやっぱり、カンコロはミンチ機にかけていきます。
きれいなペースト状に。
子どもたちの反応が、いろいろ面白かったです(笑)
3,11,10,6 (2)

もちは熱いうちに搗け!なので、3つの材料を合わせて、男性陣で素早く。
3,11,10,8 (2)

後半、子ども達と女性も搗かせてもらいます。
3,11,10,10 (2)

よし!だんだんなめらかになってきた。
結局3回搗きました。
3,11,10,10 (1)

笑っちゃうほどのごつごつカンコロ餅と、なかなかいい感じのカンコロ餅の出来あがり!
お味は。。「芋感が半端ない、おもち!うまい!!」と子ども達。
確かに、ここまで芋の味がするカンコロ餅は、初めて。
とってもおいしいけれど、より滑らかな味を目指して、来年はもうちょっともち米を増やそう。
3,11,10,12 (2)

臼で3回搗いたら疲れたので、残りのもち米は、おばあちゃんからもらった
形見の餅つき機で、白餅を。
みんなで育てたもち米、喜びもひとしお。
3,11,10,12 (1)

スイッチ一つで、蒸すのも搗くのもやってくれる・・文明の利器はすごい。
さっきまで薪で蒸して、臼で搗いていたからこそ分かる、便利さ✨
フカフカの、最高に美味しい白餅完成。
3,11,10,14 (2)

おまけ・・餅つき機の部品にくっついて取れないお餅を、
むさぼり食う子ども達。
「だって、みんなで作ったもち米、きれいに食べないともったいないんだもん!!」
・・たしかに(笑)
3,11,10,14 (1)

田植えや稲刈り、芋の苗植えや芋ほり、カンコロづくり・・そのすべての作業に
携わったからこその、感動的な、特別なおいしさ。
キラキラ笑顔で「美味しい!!」の子どもたちの反応が、私たちにとっても
一番のご褒美です。
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和4年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和5年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR