fc2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

おいしい「カンコロ餅」を目指して✨

島の郷土料理、「カンコロ餅」は、みんなの大好物。
田んぼが少なくお米が貴重だったころ、段々畑で豊富にとれていた
サツマイモを保存のために干して、貴重なもち米とお砂糖と共に
搗き合わせて作り続けてこられたのが、カンコロ餅。
週末、まずは干し芋を作る作業です。
3,11,3,5

サツマイモはもちろん、先日みんなで掘ったもので!
3,11,3,17

まずは、土を落として皮をむく作業。
3,11,3,1

作業服用の洗濯機で芋を洗うと、意外と皮がむけることを
発見!
3,11,3,2

そうしているうちに、みんなが集まってきた♪
男の子たちは、チャンバラごっこのようですね(^^)
3,11,3,3

きれいに処理されたお芋をスライスしていくのですが・・
3,11,3,4

これ、昔からある「カンコロ切り」という道具です。
おばあちゃんが使っていたのを、実家から借りてきました。
3,11,3,6

カンコロ(干し芋)にちょうどいい厚さにカットできるんです。
使い方を間違えると危ない道具ですが、軍手をして、
安全を確認しながら、子どもたちにもしっかり体験してもらいました。
表情も真剣。
3,11,3,7

去年いただいたカンコロ餅が冷凍庫にあったので、
カンコロを作りながらカンコロ餅を!
紫芋とノーマルのカンコロ餅。
香ばしくってふわふわで、お芋の味がしっかり!
やっぱりおいしくて、俄然やる気が上がります。
3,11,3,8

大きい鉄窯にお湯を沸かしたら、どんどんゆでていきます。
3,11,3,9

煮崩れない程度に茹でたら・・
3,11,3,10

トレイに広げていきます。
3,11,3,11

全部でトレイ12枚分、ゆでたお芋を干しました。
3,11,3,12

夕方になったら、室内に取り込み、しばらく干し続けます。
干し芋ができたら、先日収穫した「えん」のもち米と共に、
いよいよカンコロ餅づくり。楽しみです!
3,11,3,13

今回は「えん」で掘ったサツマイモのうち、傷ついたものはほとんど
カンコロに加工できました。
そして相変わらずサツマイモ料理尽くしの我が家。
3,11,3,14

この日は子ども達も手伝ってくれて、子ども達大好物の大学芋です。
3,11,3,15

そうそう、カンコロの作業中、傍らでダリアが一輪咲いていたんでした。
いつの間にかエリちゃんが写真を撮ってくれていました。
可愛いミーちゃんと共に・・。
3,11,3,16
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和4年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和5年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR