09
3
4
5
7
8
9
10
11
13
17
18
20
23
24
26
27
28
29
30
   

新上五島町産小麦100%使用の生醤油、完成!

一昨年、新上五島町産小麦を100%使用して、醤油を仕込みました。
この小麦を作ったのは、私たちの友人の農家さん。(この島で唯一の専業農家さんです)
味噌用の白麹は手に入れやすいですが、醤油用の麹は手に入れにくく、農協さんに注文して
仕入れました。届いた麹の粉の色は緑色。小麦はあえて玄麦のままで、麹づくりをしました。
醤油作りもこれで3度目。麦麹を作るのも、醤油に仕込むのも、だいぶん慣れてきました。
それでもやっぱり生きた麹菌による発酵食品なので、毎回麹の出来から発酵の仕方、
仕上がりの色や味、風味まで全く違うものになるのでおもしろいです。
特に一昨年仕込みの醤油はかなりの自信作!!玄麦で仕込んだのは初めてで、心配
しましたが麹づくりの段階からとてもうまくいき、きれいなウグイス色に仕上がった
麦麹で仕込むことができました。原材料は玄麦、佐賀県産大豆、手塩のみ。
それらと水を合わせた日から、毎日混ぜ続け、発酵を促し、2年経ってようやく
醤油の完成です!!
下の写真は大きな土がめの中に仕込んだしょうゆ。(絞る前の状態){もろみ}です。
IMG_0105.jpg

そのもろみを、さらしで絞ります。
IMG_0101 - コピー

完成品!!
実は、販売を始めました。
「塩屋がつくった生醤油」 500ミリリットル 1000円です。
火入れをしていない、生醤油なので、発酵が続いています。冷蔵庫保存が必要です。
本物の醤油を味わってみたい方、大おススメです!!(風味が違いますよ!!)
購入したい方は、ご連絡ください♪
IMG_0112.jpg

ちなみに我が家には今週末、2日続けて石釜ピザ体験工房のお客様が来てくださいました。
お天気も良く、ピザも美味しく焼けてひと安心。
太志は今日、アキト君が遊びに来てくれて大喜び。下の写真はウサギのラビ太に
エサをあげているところです。この後野球をして、ホームランを何度も打っていました(笑)
IMG_0120.jpg
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※H30年度 小学生、山村留学生募集中!!詳しくは、下の「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください!

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺16年現在、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR