FC2ブログ
   
04
1
3
4
6
7
8
9
10
11
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

強く賛同した出来事

飲食チェーン「グローバルダイニング」が東京都を提訴し、昨日会見が行われました。
会見を見て、この提訴に全面的に賛同します。

1年間預かった留学生(小学生)が、「1年間小学校に通ったけど、
○○ちゃんと○○ちゃんのマスクをしていない、本当の顔が
よく分からないまま、留学が終わっちゃった」と言いました。
どう考えても異常な世の中です。

6歳という多感な年も、10歳という繊細な感性も、13歳という思春期も、
高校3年という青春も、その年しかない。
この世の中、絶対にこのままではいけません。

訴額は104円。この訴訟にかかる費用は、クラウドファウンディングで集めていて、
1日であっという間に達成。たくさんの支援者の声を見ると、どれだけの方が
この理不尽な世の中を変えたいと思っているかが分かります。
(達成後もクラウドファウンディングは継続しています!)

今の世の中の、目に見えない空気の支配、同調圧力にも物申す会見だと思います。
会見動画、約30分です。(youtubeから、「グローバルダイニング会見」で
検索したら見れます。)
https://www.youtube.com/watch?v=tNnzAshzjPk


クラウドファンディングのページです。
https://www.call4.jp/info.php?type=items&id=I0000071#case_tab
ネットで
「call4 コロナ禍、日本社会の理不尽を問う」
と検索したら、特設ページが見れます。


このグローバルダイニングの弁護士、倉持さんの昨日の言葉の抜粋です。よかったら・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「コロナ禍、日本社会の理不尽を問う」訴訟、クラウドファウンディングで皆さんも当事者として闘いませんか

本日、午前、東京都を相手にコロナ特措法違憲訴訟を提起してきました。
この訴訟は、一企業の営利を目的とするものではありません、そのメッセージとして、
訴額も104円(1円×26店舗×命令に従った4日間)として実質「1円訴訟」としました。

また、訴訟費用含め、この訴訟を追行していくにあたって、クラウドファウンディングで
広く一緒に声を上げてくださる方々を呼びかけます。

裁判の原告になれるのは命令を受けた対象ですが、この社会の「自由」は全員が当事者です。

今回の訴訟の敵は「コロナ禍、日本社会の不条理」であり、このコロナ禍の
不当な自粛等でしわよせを受けた人々、この閉塞感に違和感を感じている人、
声を上げられず苦しんでいる人、そんな声なき声をここに集約して、
コロナ特措法違憲訴訟の力にしたいと思っております。

基本的なファウンディングの使途は、一斉休校された小中高校生、
いまだキャンパスで学生生活を送れない大学生。時短要請によって職を追われた人々。
施設利用を制限されたがゆえに表現の場を失った表現者たち、家で虐待や
DVの被害にあってしまった人、非正規やシングルの人々。
そんな方々に何等かの形で還元することと、コロナを検証するプロジェクトに
中心的に使いたいと考えています。

ともにこの闘いの当事者になってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR