FC2ブログ
   
04
1
3
4
6
7
8
9
10
11
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

エギング、やってみた!


ケイタ君がいなくなって寂しい我が家です。
一緒に一年を過ごしたすばる君も、寂しそう。
でも、残りの上五島での暮らしをめいいっぱい楽しんでいます!

先日、島の方から船でイカ釣りに連れて行ってもらったすばる君。
初めてのイカ釣り成功✨
ルアーを使ってイカを釣るこの方法を、「エギング」というそうです!
3,3,18,9

実はケイタ君も、島にいる間に一度経験してみよう!と、エギングに挑戦していました。
私は未経験なので、父と知人にレクチャーしてもらい・・
3,3,18,11

そしたら釣り上手な知人が、アオリイカを目の前で釣ってくれるので、
みんなで大興奮!
釣りあげたら、いかがキュキュッと鳴くので、これまたみんなで大興奮!
釣ったイカは鮮度を保つために、専用の棒を使って締めるんだそうです。
教えてもらって・・
3,3,18,8

上手くいった!イカの色が変わったのが分かりますか。
透明から、一瞬で白に変わるんです!
子ども達は「ええっ!一瞬で色変わった―――!」とびっくり!
3,3,18,10

ケイタ君も上手にできて、満足そうな表情(*^^*)
手前のピンクの棒が、イカ締めの道具。ある個所にさすだけで、
締めることができるのですが、その場所が難しいようです。
3,3,18,15

結局この日は私も子どもたちも、イカは釣れませんでしたが、
途中ワカメを収穫したり、港に入ってきたヨットを眺めたり、
とても楽しい時間でした。
3,3,18,12

ありがたいことに、イカは知人が釣った4はいを全部いただいて・・
3,3,18,13

早速さばき・・
3,3,18,14

お刺身に。
イカって甘いんだね!とみんなで大満足。
3,3,18,16

ワカメも茹でました。収穫した時はこんな色ですが・・
3,3,18,17

ゆでた瞬間の色の変化を子どもたちに見てほしくて、一緒に。
3,3,18,18

じゃーーん!熱湯に通した瞬間、鮮やかな緑色に✨
3,3,22,1

採れたてゆでたてワカメは、酢味噌でいただきました。
ケイタくんが好物で、一皿ペロっと食べそうな勢い!
こりこりしゃきしゃきの触感は、とれたてならでは。
3,3,18,20

先日作っておいたするめも焼いて、これはビールが進みますね――
子どもたちにも、手作りするめは大人気です(*^^*)
3,3,18,21

今度こそ、イカを釣るぞ――!とワクワクの私です(*^^*)
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR