FC2ブログ
   
04
1
3
4
6
7
8
9
10
11
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

「土」ってやっぱりすごいんだ!鶏と青年から学ぶ。


出会いってとても不思議だな、と感じます。
この前出会った青年は、話をしているうちに養鶏の勉強をしてきたということが分かり、
うちの鶏小屋を見て、「地面は板張りなのが気になって・・土にしないんですか?」と。

「土にしたいんだよ~~~!!」と飛びつくと、なんと我が家に滞在中の
わずかな時間で、老朽化した鶏小屋の板床を、土床に変えてくれました。

「鶏小屋を土床にしたい」
以前からずーーっと思い続け、なかなか実行できないでいたことが、
ひょんなことから叶ってしまいました。

ニワトリを愛でる、青年よっしーと子ども達。
3,3,16,1

母屋のすぐ後ろにある、えんの鶏小屋。
3,3,16,2

元、板床だった鶏小屋が、念願の土床に。
ビフォーを撮っとけばよかった・・
3,3,16,4

ところでどうして土床をそんなに望んでいたのか・・
理由は、「鶏小屋が、臭いから!!」
生き物が暮らすんですから、床は土がいいに決まってます。
でも、イタチ対策で、以前、泣く泣く床に張り替えてしまっていたんです。
・・結果、エサや排せつ物がそのまま床板の上に残ってしまうという事態に。
当然臭くなります。
3,3,16,3

でも、試しに一部屋だけイタチ対策をしたうえで、土を入れてみると・・
その部屋だけ臭くない。食べ残しがない。床がさらっとしている!
土は循環を生み出します。
いいことづくめです。

それに、鶏は土を浴びて、羽を清潔に保つそうで・・
時々土を入れ替えてやれば、完璧です。
3,3,16,5

床板をはいだら、それはもう色々大変だったそうです・・。
大変な仕事を引き受けてくれた、さわやか青年に大感謝!
(鶏の発酵飼料の作り方も教えてもらいました♪)
3,3,16,7

子ども達と、釣りも付き合ってくれました。
3,3,16,8

ケイタ君も、立派なカサゴをゲット!
3,3,16,9


青年よっしーは、カブで日本一周中。あまりの荷物の少なさにも、
驚きました。これさえあれば、生きていけるよ!
子ども達は、興味津々でした。
3,3,16,11

荷物ボックスには、たくさんのステッカーが。
その中に、「手塩」も忍ばせてもらいました。
3,3,16,10

「今度は(将来の)奥さん連れてきます!!」
これから全国を巡る旅を続けるよっしー。
夢をたくさん乗せて、出発しました。
元気な若者に会えて、なんだかとても嬉しくなりました。
3,3,16,12

スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR