FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

職業体験


地元の中学生が2日間、「えん」に職業体験に来ました。
写真を見てお気づきかもしれませんが、「えん」に職業体験に来たのは
息子、太志です(笑)
~耕運機で、段々畑の土を耕す~
2,11,28,6

もともとは違う事業所に行く予定だったのですが、ちょうどこの時期、
仕事がないということで違う場所を探すことになり、
「だったら、お父さんの仕事をしてみたい」ということで、
うちの仕事を体験することに。
~野菜の収穫~
2,11,28,4

「そうと決まれば、とことんうちの仕事を教える!」一番喜んだのは主人。
~野菜の間引き~
2,11,28,8

中学校の決まりでは、8時半から就業ですが、塩づくりの
火をつけるところからやってほしい!ということで、
1時間早く仕事を始めます。
2,11,28,1

木材を燃やしながら、いろんな話をしたそうです。
美味しい塩を作るコツから、お客様とのかかわりの話、
どんな想いで作っているのか・・
2,11,28,5

塩の選別、袋詰め作業も手伝います。
何度かやったことはあるけど、こういう形でやるのは初めて。
新鮮です。
2,11,28,7

お昼は料理もしてもらいました。
この日はシカ肉ベーコンや、間引いた野菜を入れたチャーハン。
味付けはなかなかいい感じ。
2,11,28,19

卵焼きが思いのほか上手で、母はびっくり。
多分作ったのは2年ぶりくらいです。
2,11,28,3

料理はある程度できる男になってほしいですね。
2,11,28,2

留学生にまかせっきりで、普段は絶対にやらない
動物のお世話もやってもらいました。
2,11,28,10

鶏小屋に入るのも久しぶり。
「おーい元気かー。俺のこと覚えてるか―」
なんて、ニワトリに話しかけながら餌をやってます。
「結構楽しかったんだな・・」と息子がつぶやいたのを
聞き逃しませんでした(*^-^*)
2,11,28,11

今年の5月にひよこだった子たちも、こんなに大きく。
もうすぐ卵を産み始めます。
2,11,28,12

ポニーのミルトンには、芋がらの干したのをあげます。
2,11,28,13

ミルトンにも話しかけながら、塩もあげてます。
2,11,28,14

ずいぶん長くミルトンの体を撫でていて、気が付いたら
こんな格好になってて・・何してるんだろうと近づくと・・
2,11,28,15

息子はミルトンに癒されていました。
「あーミルトンの背中気持ちいい――」
これぞアニマルセラピー。
2,11,28,16

鶏のエサ(おからや残飯)が入っていたバケツを洗った水は、
そのまま流さずに畑の肥料に。循環させる。
このことは、昔教えたとおりにやっていて、覚えているもんだなと
感心しました。
えんの基本理念が少しは身についているのかな。
2,11,28,18

その日の仕事が終わったら、日報を書いて学校に提出します。
日報欄にびっしり書いてくれていました。
さて2日間の職場体験が終わって・・。
主人は大満足。思いがけず学校からこんな経験をいただいて、
ありがたかったです。
2,11,28,9

さて、翌日。
普段は動物の世話に見向きもしない太志が、気が付いたら
留学生たちと鶏のエサやり、ミルトンの世話。
あれ、何かがちょっぴり、変わったのかな?
2,11,28,20
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR