FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

神楽を舞う~一生に一度の体験~

週末は、地元小串の秋の例大祭でした。
例大祭では、お宮の中で氏子による神楽が奉納されますが、
「えん」の留学生は、毎年この「神楽を舞う」という経験を
させていただいています。

ケイタ君の表情が神妙なのには理由はあり・・
学校で、担任の先生から「上五島神楽」の歴史について教えてもらい
「上五島神楽って、すごいんだよ!そんなのを僕が経験するなんて!!」と
ちょっぴり興奮状態だったのです。
2,10,27,14

上五島神楽について、町のガイドブックより一部抜粋・・
「上五島神楽は400年以上の伝統を持つ神楽で、上五島の風土の中で、
先人たちのたゆまぬ創造意欲が独自の神楽文化を生み出しました。
その伝承地区は、旧冨江藩領である新魚目地区と上五島地区で、
秋にはその地区のほとんどの神社で賑やかに神楽が奉納され、
島の人々により、大切に支えられている上五島最大の伝統芸能です。」
2,10,27,1

「昭和56年、長崎県の無形民俗文化財に、さらに平成14年には、国の
選択無形民俗文化財の指定を受けました。
~島の宝から国の宝へ~
上五島神楽の文化的価値は、ますます高まっています。」
2,10,27,13

そんな歴史のある神楽を、僕が舞うなんて・・!
緊張の中、時折笑顔を見せるケイタ君。
2,10,27,2

これは、村回り。
前の日には前夜祭があり、夜の9時まで神楽を舞った子どもたち。
翌朝のこの日は、神輿を引きながら、太鼓や笛の音とともに、
地区内を練り歩きます。
2,10,27,3

地域の方とお話をしながら、スバル君楽しそうです。
2,10,27,4

村回りが終わったら、お宮の中でいよいよ神楽です。
ガイドブックによると・・
「舞の種類は30番。畳2枚分の板張りの上で繰り広げられる
上五島神楽は、他には見れない大太鼓、小太鼓の激しい
リズムに乗った躍動的な舞や、衣冠装束のみやびな舞、また70番の
表情豊かな面舞など、一つ一つがメリハリの利いた特色ある
舞神楽で構成されています」
2,10,27,5

30番の神楽のうち、「佐男舞」をリズムよく舞った、スバル君。
例大祭の10日ほど前から、毎日放課後にお宮に通い、
宮司さんと練習してきました。
宿題が終わらない‥足がきつい・・と言いながらも、一度も練習を休まず
本番ではご飯があまり食べられないほど緊張していましたが、
堂々と舞った姿に感動しました。
2,10,27,9

かなりハイレベルの「荒塩」を、堂々と舞った、ケイタ君。
お盆の持ち方、足さばき、舞う順序・・どれをとっても難しかったですが、
「舞わせてもらう、ありがたさ」をかみしめ、丁寧に舞う姿は
かっこよかったです。
2,10,27,6

「こんなこと、絶対に一生ない経験だから」と、何度も言いながら
練習からがんばったね!
2,10,27,10

自分たちの踊りが終わって、ホッとしていたら、天狗が
飛び出してきました!
2,10,27,7

と思ったら、獅子駒も!!
スバル君がずっとこれに大喜び大はしゃぎで、見ていて
私たちも楽しかったです。
2,10,27,8

お昼に終わって、神社の近くにすむ主人の母、ママリンのうちへ。
「よく頑張ったね」とごちそうしてくれました。
2,10,27,11

そして夕飯は、神社からいただいた大きなお弁当を。
2人ともお疲れ顔。

留学生には、1年という限られた中で、ここでしか、今しかできない
たくさんの経験をしてほしいと思っています。
大変だったけど、とてもいい経験ができたね。

この日は2人ともバタンキューでした(*'ω'*)
2,10,27,12
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR