FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

椿油を絞って食べる!


今年も大好きな椿油絞りをしました!
我が家では毎年、椿の油を絞ってその日のうちに天ぷらパーティーで
楽しみます。
2,10,12,5

長崎県の五島列島では昔からヤブ椿の群生が多く、全国でも
トップを争う椿油の生産量を誇ります。
以前は島のいたる所に椿油の製油所があったそうです。

我が家では夏の終わりに実る椿の実をたくさん集めて、昔ながらの方法で
絞っています。
2,10,12,1

今年は例年にないくらいの豊作で、集めるのが大変でした!
2,10,12,2

留学生達にとっては、初めての椿油絞りです。
息子にとっては毎年のことなので、かれこれ13年・・・!
(赤ちゃんの頃は、誰かに抱っこされて・・)
2,10,12,3

薪で炒る、潰すを同時進行で。
2,10,12,4

こんな感じでドロドロに潰していきます。
とても重労働です。
2,10,12,8

そして炒っていた窯に今度はお湯を入れて沸騰させ、
潰した椿の実を合わせて煮ていきます。
2,10,12,6

途中、薪の炎を使って焼き芋を焼きました。外で食べる焼き芋って
どうしてこんなに美味しいのでしょうか・・!
2,10,12,7

ローズマリーの風味をプラスした自家製梅ジュースも皆さんに大好評でした。
2,10,12,10

何時間もかけて煮詰めながら、浮いてきた油をコツコツとすくい集めていきます。
2,10,12,9

ドロドロでまるで椿油になるとは思えませんが・・
2,10,12,11

濾してみると・・
椿油です!でも濾し方はまだまだ勉強中。
2,10,12,12

10キロの実から、3.5ℓの油が搾れました。
去年に引き続き、今年もうっかり炒る作業で焦がしてしまい、
この段階ではだいぶん濁りを感じましたが、、
2,10,12,13

大量の天ぷらを揚げながら、面白いことに徐々に油が透明感を増していき・・
(写真は一番人気だったかき揚げ)
2,10,12,14

揚げ終わった油は透明感がある琥珀色の油に変化していました。
毎年思うのは、搾りたてより数回使いながら濾していった油の方が、
断然おいしいという事。
1回目の天ぷらは、いわば野性的な力強い味です。
それでも皆さんに大好評で、嬉しかったです。
2,10,12,16

ケイタ君が主人と薪で炊いてくれたミナ貝の炊き込みご飯も好評でした!
2,10,12,15
来年こそは、「焦がさない」が目標です(*^-^*)
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR