FC2ブログ
   
07
1
2
4
6
7
8
9
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「えん」職場忘年会

週末は、はまぐりデッキで「えん」の職場忘年会でした❣

食事会や飲み会は、いつも決まって「わが家」で
やって来ましたが、主人の「たまにはゆっくりしていいんじゃない。
今年は外でやろうか」とのお許しが出て(笑)
すぐに思いついたのが、ずっと気になっていた、
「はまぐりデッキ」

上五島の、遠浅の最高にきれいな砂浜のビーチ、
蛤浜海水浴場。
その一角に出来た、今注目のおしゃれスポット!

従業員さんのご家族みんな、子ども達も招待して、えん
始まって以来のはじめての、記念すべき「外飲み忘年会」
です(^^)

お目当ては、上五島産の「ヒオウギガイ」の炭焼き!
オーナーさんが、私たちの到着直前に仕入れてくれたので、
テーブルに出されたときも、口がパックンパックン!
網に乗せると大暴れで、イキが良すぎて子ども達が
大喜びでした。

海鮮多めのバーベキューも、手作りすり身のあったかお鍋も、
美味しくてボリューム満点で、大満足でした。

個人的には、薪ストーブや廃油ストーブなど、要所要所が
楽しくて、雰囲気も素敵でした。

息子も、会の始まりの挨拶をしっかり言ってくれたし、
みんな満足してくれて、いい日でした✨

何より、お料理もせず、片付けもなしで、思う存分
楽しめて・・
毎日の家事や仕事に追われている主婦にとっては
至福の時間でした!

一年のうち、ほとんどの日数を出勤してくれているうちの従業員さん。
2人とも、同世代の主婦です。子育てをしながら、
多岐にわたる「えん」の仕事を、いつも気持ちよくこなしてくれる
2人には感謝です✨

ちょっと早いけど、来年もみんなで力を合わせて
頑張ります(^^)

去年完成したばかりの、上五島の新しいレジャースポット!
1,12,9,1

留学生のソウシュン君が、蛤浜は初めてだったので、
少し早めに出かけて遊びました。
奥の建物が、はまぐりデッキ。
夕方だったので、蛤浜の良さが写真では伝わりませんが・・
1,12,9,10

実際は、こんなに美しい砂浜なのです!
(町の観光物産のページからお写真拝借しました)
hamaguri.png

さてさて、室内には灯りがともっています。
1,12,9,2

外があまりに寒いので、少しのぞいてみました。
薪ストーブで、室内はぽかぽかに温められていました(^^)
1,12,9,3

息子による、忘年会はじめの挨拶。
1,12,9,5

暴れるヒオウギガイに、ちょっと複雑そうなソウシュン君(^^)
1,12,9,4

子ども達大喜びの、焼き肉プレート。
1,12,9,6

たくさん食べて、
1,12,9,8

たくさんおしゃべりして、、
1,12,9,7

みんな大満足。最後は残さず、きれいに!
気持ちよくおもてなししてくれた、はまぐりデッキのスタッフさんにも感謝です!
1,12,9,9
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR