10
1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

つわぶき、燻製、そして塩づくり

今が旬のツワブキ、今年も「えん」の敷地内でた~くさん
とって、ママリンと、お塩の手伝いに来てくれてる
妹とひたすら皮をむきました。
都会では、観賞用らしいですが、五島の人は、
昔からツワブキを好んで食べてきました。
上五島の春の味です。
IMG_6922.jpg

早速煮てみました。春の味!美味しい!でも、おばあちゃんが作る
ツワブキの煮ものには、まだまだ当分かなわないなぁ・・・。
IMG_6932.jpg

2か月に一度作っている、ジビエの燻製品。
今回は、イノシシでつくりました。
相変わらず、上五島の野山や畑を荒らし、
島民の悩みの種。
今回は、特に肉の質が良く、仕込みもうまくいき、
柔らかくおいしく仕上がりました。
太志、これを食べだすと、止まらなくなります!
写真左がベーコン、右がハム。
IMG_6930.jpg



おのたかし 塩の敬 しおのたかし。
1年中、毎日毎日、嵐の日も、何があっても
とにかく休むことなく「塩」を作り続ける主人です。

小さなうちの塩工房は、一日どんなに頑張っても、
12~15キロしかお塩ができません。
IMG_6918.jpg


管理に大変な手間がかかる「鉄釜」を全工程で
使用し、燃料はすべて薪。
主人のこだわりがめいいっぱい詰まったお塩は、
きらきらとして美しく、私たちの体をつくってくれる、
命の源です。

今日も、畑を耕し、動物の世話をしながら、
お塩を作っています。
お塩がいいと、例えばおにぎりの味が何倍もよくなります。
興味のある方、今なら比較的早くお届けできますよ!
ご注文お待ちしております!!
IMG_6915.jpg
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※H30年度 小学生、山村留学生募集中!!詳しくは、下の「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください!

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺16年現在、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR