fc2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

留学生、国の重要無形文化財の五島神楽を舞う。

今年も神楽の季節がやってきました!
息子は小学1年から6年間、留学生も毎年、
地元の神社にて、神楽を舞わせていただいています。

ここで五島神楽の説明を少し。

新上五島町内には、江戸時代、新魚目地区と上五島地区に伝わる「上五島神楽」と、
有川地区に伝わる「有川神楽」があります。
これら2つの神楽を含んだ五島列島内に伝わる
7つの神楽で構成される「五島神楽」は、
平成14年に国の選択無形文化財に、そして、
平成28年に国指定重要無形民俗文化財となりました。

五島神楽の特徴は、神職が中心となって伝承する神楽で、一間四方の舞座を廻っては廻り返す所作を基本として舞うものです。
各種の採物舞に加え、獅子や古風な巫女舞、更に他に類をみない演目など、豊富で特色ある内容を有しています。

秋になると、町内各地の神社では秋祭りが開催されます。
男衆が担ぐ勇壮な神輿や獅子、華やかな花車などが、
太鼓や笛の音とともに地区内を練り歩きます。
その秋祭りの際に、五島神楽が奉納されます。

今年の小串神社の神楽を受け持った、
7人の小学生たち✨
20231026150244605.jpeg


私にとって、小串神社は結婚式を挙げた場所でもあります。
準備にも気合いが入ります!

神楽の日、舞手の女の子は髪を編み込み、お化粧をして、
めいいっぱいのお洒落をします。
やえさん、とっても素敵です💓
202310261505516d2.jpeg


外に出ると、あちこちから「なんて可愛らしい舞手さん!」と声をかけてもらいました。
2023102615061495d.jpeg


開始前。みんな緊張した顔していますね。
全員、小学校は早退してきました!
2023102615031587d.jpeg


ピリッと引き締まった空気に、息を呑む7人。
20231026150427b69.jpeg


神輿に神様をお乗せして、笛や太鼓の音と共に、
一緒に村を練り歩く子どもたち。
20231026150450267.jpeg


この後、一旦家に帰り、夕飯を済ませて、
また着物を3人に着せて、バタバタと神社へ!
19時から21時過ぎまで例大祭です。

もうすっかり陽が落ちた19時。
神社に戻ると、祭事の準備が整っていました。
塩を撒いて場を清める舞い「あらしお」には、
主人が作った「手塩」を使用していただきました!
20231026150515fd9.jpeg


留学2年目のなおきくんのご家族は、去年神楽の動画を見て感動し、今年は東京から駆けつけてくれました!
20231026150640059.jpeg


以下は留学生3人の、神楽の様子です。

子どもの頃から踊りが好きで、阿波踊りや荒馬、
エイサーからバレエまで!経験してきたやえさん。
でも神楽は初めて。
この日は、いかに丁寧に、綺麗に見えるか、を、
全身全霊で踊ったと言っていました。
2023102615083226c.jpeg


202310261509452c5.jpeg


留学2年目のなおきくん。
去年と同じ、「あらしお」という舞を。
今年は特別にゴリリンが作った「手塩」を
使う事ができるようになり、俄然張り切って
舞っていました。2年目の貫禄は流石でした!
20231026151138a56.jpeg


20231026151250c76.jpeg


ひかるくんは、2人で舞う舞を。
2人とも神楽は初めてで、最初はかなり苦戦していました。
私は練習を少し見ていただけだったので、本番での
完成度の高さに、感動しました!
息があってる!さすが、釣り友達の2人です✨
202310261513237f7.jpeg


20231026151339039.jpeg


子どもたちに神楽を教えてくださったのは、
小串神社の宮司さん。
3週間前からほぼ毎日、根気強く教えてくださいました。
毎日、放課後に神社に通って練習をした子どもたちも、
よく頑張った!
宮司さんの舞は、美しく、勇ましく、素晴らしかったです!
20231026153836ad5.jpeg


そしてやっぱり1番盛り上がるのは、天狗と獅子狛。
怖くて泣いてしまう子どもが毎年います💦
小学生にとっては、お餅がもらえるので、
嬉しい舞です。
20231026155709071.jpeg


1日目に引き続き、2日目は特別に学校をお休みし、
朝からもう一度神楽を舞います。
二日間の祭事が、無事に終わりました。
見てください、最初とは全く違う、やり切ったぞ!
というこの表情。
202310261557389cc.jpeg


2023102615580684a.jpeg


地元の子と一緒に、留学生も良く頑張ったね!
3人の姿が、とても誇らしかったです。
20231026160548234.jpeg


ホッとして帰宅。小串郷からご褒美にもらったお弁当が、
とっても美味しそうでした☺️
2023102616061333e.jpeg


※くらしの学校「えん」では、令和6年4月からの
留学生を募集中です!
詳しくは、くらしの学校「えん」ホームページ内の
山村留学募集要項をご覧ください。

お問い合わせも、お気軽にどうぞ!
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
🌊令和7年度(第9期生) 山村留学生募集中🌊
 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、元気に自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。
2001年から20年間、子ども対象の「しまキャンプ」を、50回
当地で開催。約900名以上の子ども達が島外から参加してくれました。
🌺2017年から、子ども達とこの豊かな環境の中で共に暮らす「しま留学」をスタート!

海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と共に季節の移ろいを感じながら、
丁寧に暮らしています。
自給自足の暮らしを目指しながら、ハーブ園、猪肉の燻製品、その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR