fc2ブログ
   
04
1
3
5
6
7
8
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

特別な2週間

「えん」には毎年9月に、大学生がインターンとして
2週間滞在してくれます。
この夏は、ゆいちゃんと、まいちゃん、2人が、
えんに滞在しました!

夕陽を見るため島の西の海へ。
20230917152901f0d.jpeg


2週間、えんの様々な仕事を体験してもらいます。
前半はひたすら椿の実を集める作業。
人生でこんなに汗をかいたのははじめてかも…と。
子ども達は、木に登って喜んでお姉さんたちの
お手伝い!
20230917154550155.jpeg


20230917154637d2d.jpeg


全部で正味15キロほどの実を集めてくれました!
20230917154739113.jpeg


上五島の秋の訪れを感じる、アゴ漁。
これも大学生がお手伝い。
202309171523120b4.jpeg


えんに沢山育っているレモングラスを乾燥、カットして…
20230917155206131.jpeg


パッケージ作りまで。
大学生と商品化した、えんの新しい商品が完成✨
島内のエレナ有川店のお土産コーナーで、
塩や小説と共に、早速販売中!

何と、10杯以上分入って、税込み400円!安いです✨
ぜひぜひ、一度お試しください✨
20230917153013e33.jpeg


202309171524066ea.jpeg


大学生と仕込んだ醤油は…
薪で炒った麦と蒸した大豆も、
2023091715183951c.jpeg


無事に綺麗な麹となり
20230917152052883.jpeg


なおきくんが、夏休みの自由研究で作った
「炭の濾過装置」(主人の手焼きの炭を100%使用)で、
お水の塩素をしっかり取り除きながら、樽に手塩と
ともに入れていき…
20230917151921bfb.jpeg


無事に醤油が仕込み終わりました。
一年前仕込んだものと、仕込んだばかりの醤油。
20230917152131aa4.jpeg


2週間はあっという間。
子どもたちにとって、2人のお姉さんたちとの
暮らしは、最高に楽しいものでした。
でも、出会いがあれば、別れがある。

特に、留学生の中で女の子1人のやえさんは、
この2週間、お風呂も寝るのも、ずっとお姉さん
2人と一緒でした。

別れの日の前日の夜。
お姉さん2人からプレゼントが手渡されました。
全員の似顔絵と、その裏側にびっしりと書かれた
メッセージ。

それを読んだ1人は、ソファーの裏側にこもって、
泣いてしまいました。
それを見たお姉さん1人も、声をあげて泣きました。
そのお姉さんを、後ろから抱きしめている子もいました。

お手紙には、留学生一人一人に共感し、ねぎらい、
褒めて、認めてくれていて、愛がたくさんこもった
メッセージが綴られていました。
202309171531030e7.jpeg


出会いは必然。
この子達の心に、お姉さんたちと過ごした、短いようで
びっしり詰まった2週間は、ずっとずっと、
色褪せることなく残って行くんだろうと思います。

出会ってくれて、ありがとう!!
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
🌊令和7年度(第9期生) 山村留学生募集中🌊
 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、元気に自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。
2001年から20年間、子ども対象の「しまキャンプ」を、50回
当地で開催。約900名以上の子ども達が島外から参加してくれました。
🌺2017年から、子ども達とこの豊かな環境の中で共に暮らす「しま留学」をスタート!

海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と共に季節の移ろいを感じながら、
丁寧に暮らしています。
自給自足の暮らしを目指しながら、ハーブ園、猪肉の燻製品、その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR