fc2ブログ
   
04
1
3
5
6
7
8
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

椿の花で酵母を起こし、パンが焼けた!!

「五島のつばきの花で酵母を起こして、パンを焼きたいです!!」
私の真正面に正座し、キラキラした瞳でこう言ったのは、
一年半前、留学の現地見学に訪れた時の、れんかさん。
(まだ今よりずっと髪も短く、あどけない表情だったな(*^^*))

「へえ!面白いね!必ずやろう!!」私もそういって、約束したんでした。
れんかさんが、留学終了直前、その目標を、見事達成しました。

何回もの失敗の上、ようやく大成功した、「椿の天然酵母パン!!」
5,3,10,1

失敗続きだった時、島の天然酵母のパン屋さんから、
れんかさんにアドバイスをいただきました。
「椿の花だけで酵母を起こすより、まずはリンゴで起こして、
途中から椿の花を入れてごらん」

そこでれんかさん、まずは、瓶にリンゴと水を入れて、酵母を起こしました。
でも、酵母を起こすには暖かい場所に置かないと。
この時の室温、12度前後💦寒い。

そこで2人で話し合い、「昼間は私の自宅透析をしている
ぽかぽかの部屋に置く。
夜は、れんかさんが酵母の瓶を抱いて寝る!!」

ことに決定!

れんかさんが、抱いて寝ること数日。
れんかさんの体温のおかげでしっかり泡が出て、ワインのような香りに♪
5,3,10,2

泡が落ち着いたところで、いよいよ椿の花を投入!
5,3,10,4

れんかさんの考えで、つばきの蜜を入れたいからと、
椿の「がく」はそのまま投入。
5,3,10,5

さらに抱いて寝ること数日・・
泡がぶくぶく!芳醇な香り!
5,3,10,6

酵母起こし、ひとまず成功でしょう!
5,3,10,7

途中、ほかの子も興味津々。
ホントにこれで、パンが膨らむの??
5,3,10,8

ざるで濾して・・
5,3,10,9

絞って・・
5,3,10,10

いよいよ元種にするために、強力粉と、ゴリリンの塩を投入。
5,3,10,11

数時間後、ぶくぶく!いいぞ!酵母は元気だ!
5,3,10,12

さらに強力粉と塩、水を加え・・
5,3,10,13

完成した元だねと、パンの材料(強力粉、手塩、メープルシロップ、
バター)を混ぜ合わせ、こねて、
パン生地ができた!
5,3,10,14

翌朝まで発酵させるため、寝る前に仕込みです。
5,3,10,15

翌朝。れんかさんは「ぱん!!」「発酵!!」と叫びながら起きてきた(笑)
ドキドキしながらオーブンに入れる。
ワクワクしながらオーブンを開ける!!
「うわーーーーーー!!!」と歓声が。
5,3,10,16

カンペキな仕上がり!!
香ばしい、天然酵母特有の香りが、たまらない✨
市販のイーストでは絶対に出ない香り!
5,3,10,17

れんかさんの起こした酵母の力で、ちゃんとパンが焼けた✨
感動です!!
今まで食べた、どの天然酵母パンより、ダントツでおいしい・・・( ;∀;)
5,3,10,18

パンのおいしさに、大興奮の朝でした。
5,3,10,19

そして離れに住むママリンのもとへ、焼き立てのパンを
走って持っていくれんかさんの後ろ姿が、朝日に照らされて
美しかったです(#^^#)
5,3,10,20
調理師で、料理の腕前抜群のママリンも、うーーーん、
これは最高にうまい!!と唸っていました。
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
🌊令和7年度(第9期生) 山村留学生募集中🌊
 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、元気に自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。
2001年から20年間、子ども対象の「しまキャンプ」を、50回
当地で開催。約900名以上の子ども達が島外から参加してくれました。
🌺2017年から、子ども達とこの豊かな環境の中で共に暮らす「しま留学」をスタート!

海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と共に季節の移ろいを感じながら、
丁寧に暮らしています。
自給自足の暮らしを目指しながら、ハーブ園、猪肉の燻製品、その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR