fc2ブログ
   
06
1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
   

どろんこ大会!と田植え②


今年も、2か所目の田んぼでは、どろんこ大会を楽しみました!
今日ばかりは、どれだけ泥だらけになってもおうちの人から怒られません(#^^#)
それどころか、一番泥だらけになった子がヒーローです(笑)

絶対みんなが泥だらけになってしまう、そりレース!
5,6,24,5

最初は泥に躊躇してた子も、ここまで汚れたんだから、
とことん汚れていいや!と思ってしまう、ハイハイレース!
5,6,24,2

きゃーーー!!わーーーー!とすごい歓声!
外で見ている親も、田んぼの本人も(^O^)/

レースの結果は、強者のゴリリンを抜いて、ヒカル君のダントツ勝利!
足だけでなく、ハイハイも早かった・・・(笑)
5,6,24,3

この賑やかな田んぼの歓声を、皆さんにもお聞かせしたいです✨
5,6,24,4

田んぼの泥が「大好き!」という留学生のやえさん。
「田んぼに裸足で入っていると、自分が自分になれる感覚なの!!」って、
素敵なことを言っていました✨
5,6,24,6

さっきまでの大騒ぎが嘘のように、田植えモードではやっぱりみんな真剣。
5,6,24,7

毎年参加してくれる子どもたちがいるので、上手に教えあってくれます。
5,6,24,8

みんな見事にどろんこ、そして素晴らしい植えっぷり!
5,6,24,9

無事に田植え終了。ありがとう!!
5,6,24,1

そして泥んこのまま、目の前の海へ!!
5,6,24,13

えんのイチ君も海へ!
5,6,24,14

泥を洗い落としたら、思い思いに海遊び。
ナオキ君は、海のお風呂を作るのがお決まり!
みんなもその遊びに加わって・・
5,6,24,15

楽しそうですね♪
5,6,24,16

海から上がったら、みんな田んぼお疲れ様!のおやつ。
「えん」特製、桑の実ジャムと、ビワのコンポートのパウンドケーキです。
5,6,24,10

差し入れに、手作りのカップケーキもいただきました!
美味しい💛ありがたいですね!!
5,6,24,11

思いっきり体を動かして、おなかペコペコのみんな。
美味しそうに食べてくれました。
5,6,24,12

海で、エビを見つけてきた子もいましたよ!
5,6,24,17

実はこの日は、朝から地域の「小串婦人会」主催の、レクレーションも催されて、
参加してきました。
北小からは、ソーラン節を披露。
小人数と思えないエネルギー溢れる掛け声と動きに、
地域の方が大喜びで、拍手喝さい、大アンコールの盛り上がりでした!
5,6,24,19

翌日、田んぼの様子を見てみると・・
前日の賑わいが嘘のように、きれいに整列して、すまして立っているような
稲の姿が。
実りますように!お米!
5,6,24,18

後日。「えん」の敷地内の、稲の苗床用の畑にて。
こちらも田んぼにして、余った稲の植え付け。
敷地内なので、成長をこまめに観察しながら、見守りたいと思います。
5,6,24,20
スポンサーサイト



田植え、終了しました!①


今年は3枚の田んぼを頑張りました。
6月11日に一枚目の田んぼ。
島内の中でも水が豊かな棚田の田んぼです。
5,6,22,1

前日から泊まりに来てくれていたお友達と、朝から一緒におやつ作り。
田んぼに来てくれた子と一緒に食べるために、腕を振るいます✨
5,6,22,2

可愛い!素敵なおやつの完成です。
5,6,22,3

お昼ごはんを食べたら、みんなで田んぼへ!
5,6,22,4

子どもたちが、続々と集まってきてくれました(#^^#)
5,6,22,5

さあ、田植えです。
みんな真剣モード。
5,6,22,6

うちの留学生たちも、頑張っていますよ!
5,6,22,7
5,6,22,8
5,6,22,9

頑張って植えたら、目の前の川で体を洗います。
5,6,22,10

冷たくて、気持ちがいい!
5,6,22,11

手足がきれいになったら、やえさんが手作りおやつを配ってくれました。
女の子たちの作ったおやつ、美味しかったです。
特に、ゴリリンの塩をトッピングした「塩クッキー」が、大好評でした!
5,6,22,12

さあ、残りの田植えは後日だから、そろそろ帰ろうか・・と思ったら、
「まだ田んぼで遊びたい~~!!」と子どもたち。
気が付けば、きれいになった手足は、また泥だらけ~~!!

でも、楽しそうですね(笑)
5,6,22,13

こちらは、2か所目の田んぼ。
耕運機の力を借りながら、でもほぼ手作業で、
頑張る主人です。

この田んぼは、小学校の通学路に作っているので、
留学生たちも主人の作業を毎日見ています。
ある日「楽しそう!手伝いたい!」と言ってくれたので、
「では、お願いします!!」と、帰り道にそのまま田んぼのお手伝い。
5,6,22,14

敷地内に流れる川には、タニシ、川エビ、アメンボ、カニ!
生き物大好きなヒカル君が発見してくれました。
5,6,22,15

汚れた手足は、目の前の海で洗い流します。
「気持ちがいい~~!!」
5,6,22,16

そして日を追うごとに、だんだんと広がっていく田んぼ。
5,6,22,17

川から引く水の水量を調節したり、子どもの足が危なくないように
小石を丁寧に取り除いたり、手でもんで土をなめらかにしたり。
泥のパワーのお陰で、この時期の主人の手は、つるピカになるのです!
5,6,22,18

そんな田んぼ作業の合間に、シカが手に入り、さばいて燻製に。
ご苦労様です・・!!子どもたちも大喜びの味です✨
5,6,22,19

鶏小屋や畑からは、毎日少しづつ、美味しい恵みをいただいています。
5,6,22,20

お手伝いありがとう。


「えん」が一年の間で一番忙しいのは、6月!!
農作業では、麦刈りと脱穀、玉ねぎにんにくの収穫、サツマイモの植え付け、
夏野菜の準備、そして田植え!

手仕事では、季節の実りに感謝しながら、野イチゴや桑の実のジャム作り、
ビワのコンポートづくり、
ラッキョウ漬けに、梅干しや梅酒、梅ジュースの仕込み。

五島通信の制作と発行が、600部分と、
待ったなしの忙しさです!!

そのほとんどすべてに、子どもたちが関わってくれます。

こちらは、「えん」で育てているお米の苗。
田んぼに植えるため、一本づつ丁寧に根っこごと引き抜き、
苗箱に入れていきます。
5,6,15,1

時間がかかる地道な作業ですが、オタマジャクシやヤゴなど、
生き物を見つけながら、楽しそうに作業をしてくれます。
5,6,15,2

こちらは梅干しの仕込み。
主人の知人から送っていただいている、自然農の香り高い南高梅です。

完熟した梅の甘い香りをかぎながら、竹串で梅のヘタを取り、
ホワイトリカーで洗って・・
5,6,15,3

もちろん、主人の手作り、五島列島の海水を鉄窯と薪で煮詰めた、
「手塩」で漬け込みます。
5,6,15,4

ちなみにこちらは、ちょうど一年前に仕込んだ梅干し。
夏の土用の3日間、しっかり土用干ししているので、とろりと柔らかく、
いい出来です✨
5,6,15,5

お塩と一緒に、毎年楽しみにしてくれているお客様に、お届けします。
毎年80キロほど漬け込みますが、梅酢も含めて、
毎年完売してしまう人気の品です✨
5,6,15,6

梅雨ですね・・
しとしと雨の日でも、塩焚きは休みなし。
主人が田んぼ作業で手が離せない時、子どもたちが塩のかまどの
薪をくべてくれます。
5,6,15,7

カッパを着て。
5,6,15,8

この葉っぱ、雨をはじくんだよ!と、興奮して帰ってきました(*^^*)
5,6,15,9

室内では、夕飯の準備。
この日ヒカル君が友達と釣ってきたお魚、ある程度自分でさばいてくれていたので、
私が切り身にして、あとは泊まりに来ていたやえさんのお友達と、
衣をつけてもらいました。
5,6,15,10

この日は石垣鯛もいただいてきていたので、お刺身に。
お魚と、旬のとれたてお野菜の夕飯でした。
お刺身もフライも、最高のお味で、みんないい食べっぷり🎵
5,6,15,11

翌朝、子どもたちが学校に行った後、海岸清掃とイチ君の散歩のために
いつものお散歩をしていると、何やら子どもたちが遊んだ後がありました。
「基地」を作ったと言っていたけれど、このことかぁ!
外遊び、楽しんでいますね(*^^*)
5,6,15,12

そして毎週水曜日の昼休みに行っている、小学校の読み語りの帰り道、
6年生が青空音楽をしているところを見かけました。
「翼をください」を歌っていました。
海に向かって、大声で!
なんて気持ちの良い授業でしょうか(^O^)/
5,6,15,13

第2弾!今週末、 一緒に田植えしませんか🎵

今季、第2弾の田植えは、どろんこ大会&海水浴もやります♪
一緒にいかがですか?

日時・・6月18日(日) 14時から2時間程度
場所・・旧・北魚目中学校横の田んぼ(北魚目小学校のそばです)
持ち物・・汚れてもいい服、 汚れが目立ちにくい色の水着
     (泥だらけになります。泥汚れは落ちにくいです)
      サンダル
      着替え
      タオル
田んぼの後は目の前の海で泳ぎます。
シャワー室も使えます。
お茶とおやつをご用意します。

写真は去年のものです。
一緒に楽しみましょう!
4,6,14,6
4,6,14,4
4,6,14,13
4,6,14,19
4,6,14,18

週末、いっしょに田植えしませんか♪


えんの6月のイベント🎵
田植えをします!一緒にいかがですか?

日時・・6月11日(日) 14時ごろから
場所・・上五島 青方の、青方ダムのそば。「中野橋」バス停付近の田んぼ
持ち物・・汚れてもいい服装。着替え、タオル必要。

参加は自由です。気になった方はどうぞ遊びに来てください!

写真は、去年の青方での田んぼの様子です。

※田んぼは別の場所で、6月中にもう一回やります。
今年一回目である11日は、どろんこ大会はせず、
穏やかに歌を歌いながら、のんびり楽しむ田植えです(*^^*)

4,7,1,5
4,7,1,7
4,7,1,8
20220701123337c5d (1)

麦刈り、野イチゴ


梅雨時期のえんの農作業と言えば、麦刈りです!
5,6,3,1

毎年、母屋の東南に広がった段々畑で、盛大に麦刈りイベントを行っているのですが、
今年はシカとヤギにほとんど食べられてしまい・・( ;∀;)
島の西にお借りしている赤土の畑で、何とか実った麦を
細々と刈り取りました。
5,6,3,2

この畑の麦もカラスの食害にあい、成功とはいきませんでしたが、
子どもたちと刈り取ることはできて、良かったです。
5,6,3,3

丁寧に穂先をそろえて刈り取ってくれたヒカル君。
5,6,3,4

楽しい!楽しい!と、麦刈りに楽しさを見出した、やえさん。
5,6,3,5

テントウムシを見つけながら・・
5,6,3,6

楽しそうにおしゃべりしながら頑張った、ナオキ君とお友達。
5,6,3,7

蒸し暑い日だったので、手作りの酸っぱい梅ジュースが
美味しかったです!
5,6,3,8

しばらく干した麦は、後日、脱穀です。
5,6,3,9

足踏み脱穀機を使います。
足で車輪を踏みながら、手で持った麦の穂を外していきます。
なかなか難しい作業です。
5,6,3,10

ちゃんと、麦の粒が見えて、一安心です。
去年収穫した麦は、すべて醤油の仕込みに使いました。
今年は何の加工に使おうかな?
5,6,3,11

5,6月の自然の恵みと言えば、野イチゴです。
5,6,3,12

海辺にたくさん実ったので、収穫です。
野イチゴ摘みの時は、ヘビに気を付けて!と言うと・・
「へびのよーーーうじん!!カン!カン!」🎵と、
繰り返し歌が聞こえてきました。
賑やかなイチゴ摘みだこと!
5,6,3,13

こんなにたくさん採れました。
5,6,3,14

お砂糖で煮込んでいきます。
5,6,3,15

風味づけに、ローズマリーを使いました。
5,6,3,16

5月に生まれたひよこも・・
5,6,3,17

すくすく成長しています。
5,6,3,18

えんの敷地内の流れる川では、子どもたちがサンショウウオを見つけました。
5,6,3,19

アジサイも咲き始めています。
ここでは、生き物や草木、お花が、「もう夏が始まったよ!」と
教えてくれています。
5,6,3,20

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
🌊令和7年度(第9期生) 山村留学生募集中🌊
 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、元気に自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。
2001年から20年間、子ども対象の「しまキャンプ」を、50回
当地で開催。約900名以上の子ども達が島外から参加してくれました。
🌺2017年から、子ども達とこの豊かな環境の中で共に暮らす「しま留学」をスタート!

海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と共に季節の移ろいを感じながら、
丁寧に暮らしています。
自給自足の暮らしを目指しながら、ハーブ園、猪肉の燻製品、その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR