fc2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

頭が島天主堂へ行ってきました⛪

5,4,18,1
上五島には、世界文化遺産に登録された集落があります!
2018年に登録が決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する
「頭ヶ島の集落」です。
この集落には、大正8年に完成した「頭ヶ島天主堂」がありますが、なんと!
島内の「石」を切り出し、積み上げて建設されています。

設計は、長崎県を中心に多くのカトリックの教会堂建築を手がけた、
新上五島町出身の大工 棟梁・建築家の、「鉄川与助」さん。

神父様の指導の下、地元の信者さんたちが力を合わせ、
半農半漁で自給自足をしながら、10年かけて完成した教会です!

内観の造形は、船底天井と五島列島の椿を模した花装飾と、
青を基調とした華やかな雰囲気が美しいです✨

教会堂のほかに司祭館と門柱が重要文化財の附(つけたり)指定となっており、
土地(境内地)も2003年に重要文化財に追加指定されています。

教会堂本体とともに付属建物・石垣・石段などが周囲の環境とともに
良好に保存されている点が、文化財として高く評価されたそうです。

そんな素晴らしい教会の前で!

5,4,18,2
この日は、朝から出かけよう!と前日のうちに話をしていました。
そしたら二人が早起きして、動物のお世話をやってくれていました!
ナオキ君はそのころまだ夢の中・・(#^^#)
でも、二人ができるようになったのは、2年目留学のナオキ君が
教えてくれたからです!
生みたて卵です!

5,4,18,3
朝食前にはみんなで洗濯物を干し、またヒカル君が生みたて卵で
朝食を作ってくれて、食後には3人で食器も洗ってくれて・・
本当に助かっています。
そんなわけで、予定通りに出発!
頭ヶ島大橋。この橋を渡れば、世界遺産の集落です。

5,4,18,4
大橋の下を覗いてみると・・

5,4,18,5
きれい!透き通ってる!
ここで泳ぎたい~~!!と子どもたち。

5,4,18,6
天主堂前の砂浜では、思わず走り出しました(#^^#)

5,4,18,7
そして、天主堂を眺めながら、釣りです!

5,4,18,8
カサゴ(あらかぶ)が何匹か釣れました。

5,4,18,9
帰宅したら、早速さばきます。
うろこを取った後でも、この新鮮さ。

5,14,18,10
釣った魚は、すべてヒカル君がさばいてくれました。

5,4,18,11
刺身の断面をご覧ください!新鮮の証。オーロラ色です✨

5,4,18,12
大きいカサゴだったので、お刺身にしました。
プリプリで、絶品✨

5,4,18,13
この日も、調味料含めて、ほぼ自給自足ご飯!

5,4,18,14
頭ヶ島に行った日は、午後からみんなで外遊び。

5,4,18,15
ブランコを、工夫して手作りしていました。

5,4,18,16
海のごみ拾いもしました。
散歩に行くと、子どもたちの方から「海ゴミ拾っていい?」と
聞いてきます。

5,4,18,17
「どうして拾ってくれるの?」と聞くと、
「きれいにしたいから!!」と子どもたち。
・・・感動・・・

5,4,18,18
目の前の畑では、ニラと大根の収穫です。
収穫したばかりのお野菜を使って、、

5,4,18,19
焼きそばをみんなで作りました。

5,4,18,20
「えん」にはたびたび客さんも訪れてくれて、にぎやかに暮らしています!
スポンサーサイト



お魚づくし🐟✨


お世話になっているお兄さんから、釣れたてのヒラスズキをいただきました!
5,4,11,1

釣りもさばくのも大好きなヒカル君が、早速さばきます。
5,4,11,2

さばいてる最中、漁師の私の父が来てくれて、一緒にさばいてくれて。
5,4,11,3

釣りを楽しむために、釣具屋にも行きました。
5,4,11,11

父と少しの間釣りをしてみたら、キジハタを釣って、ヒカル君大喜び!
5,4,11,5

この魚は上等で白身の美味しい魚ですが、生命力もすごい。
内臓を出しても、まだ動く。
5,4,11,6

煮物にしようと煮汁に入れると、それでもまだ跳ねる!
びっくりです。
5,4,11,7

この日の夕飯は、魚づくし。
ヒラスズキの刺身、ヒラスズキの頭の塩焼き、ヒラスズキのムニエル、
キジハタの煮つけ・・
5,4,11,8

ちなみに私の母も遊びに来てくれて、植物やアロマオイルが
大好きな母と、やえちゃんはおしゃべりに花が咲いていました。
5,4,11,4

翌朝、ヒカル君が朝ごはんを作ろうかと言ってくれて、
私は前夜からパンを仕込み、えんの卵を使って、
卵トーストを作ってくれました✨
5,4,11,9

とっても美味しくて、ビックリしました!
5,4,11,10

夏野菜の準備も始めました。
やえさん、ミニ耕運機にチャレンジ。
5,4,11,12

大事に丁寧に、みんなで種をまきます。
5,4,11,13

先日の日曜日は、えんのみんなのおばあちゃん、ママリンの
誕生日でした。
私はやえさんと、えんでとれたジャガイモで、コロッケづくり。
5,4,11,14

男の子たちは、お魚を釣って、プレゼント。
5,4,11,16

5,4,11,17

前日にさばいていたヒラスズキは、カルパッチョにしました。
5,4,11,15

コロッケも、ジャガイモほくほくでとっても美味しかったです!
5,4,11,18

食後は、ママリンがリクエストしてくれた、ガトーショコラ。
えんの卵と、チョコたっぷりで!
5,4,11,19

えんのハーブ園のレモングラスティーと一緒に。
たくさん笑って、美味しくて、ママリンも喜んでくれて。
幸せなひと時でした。
5,4,11,20

令和5年度の留学、始まりました!


くらしの学校「えん」しま留学、今年度も3人の子どもたちとの
暮らしが始まっています!

両脇の二人は、えんに来てまだ一週間。
真ん中のなおきくんは、2年目のえんでの留学です!
5,4,8,18

えんの母屋の目の前には、鶏小屋と、山桜。その下には、
小さなひょうたん池。
春の息吹をめいいっぱいに感じます。
5,4,8,1

みんながえんに集合して3日目。始業式の後、
同じクラスになった島の子が、遊びに来てくれました。
一緒に、えんの周辺のお散歩へ。
5,4,8,11

そこらじゅうの植物に、新芽が芽吹いています。
ヒカル君が持っているのは、「シロダモ」の新芽。
5,4,8,12

産毛がびっしり生えて、黄金色!
子どものころから、私はこの時期だけに見られる不思議なはっぱを
「猫の耳」と呼んでいました。
5,4,8,3

手触りも、まるでビロードの布のよう。
ふわふわで、つやつやで、肉厚の葉っぱ。
みんな驚きながら触っていました(#^^#)
5,4,8,2

そして山つつじを見つけて、甘い蜜を吸う子どもたち。
そして、ヨモギやスイバなど、食べられる葉っぱも収穫。
5,4,8,13

カイコのような、不思議な木の実?も発見。
大きくて、サイズは子どもの手ほどの大きさ!
今、調べてみているところですが、なかなか判明しません。
5,4,8,14

散歩の帰りに海へ。
5,4,8,15

ゴミが漂流していますね・・
5,4,8,16

すると誰からともなくゴミを拾い始めました!
嬉しい。ありがとう✨
5,4,8,17

帰宅したら、収穫した野草を天ぷらにして、てんぷら蕎麦を
いただきました。
5,4,8,19

ヨモギの天ぷらが、大人気でした(#^^#)
5,4,8,20

「えん」は毎日、お当番があります。
みんなが気持ちよく過ごせるよう、責任を持って取り組みます。
5,4,8,9

こちらは、薪でお風呂を沸かすお仕事です。
5,4,8,7

お茶碗洗いも、自分たちで。
みんなで協力して、上手に洗ってくれています。
5,4,8,10

やえちゃんに、飛魚出汁のだし巻き卵をレクチャー。
センスがあるので、すぐに覚えてくれそうです!
5,4,8,8

卵ももちろん、えんでとれたもの。
新鮮さを保つための向きを、なおきくんが教えてくれています。
5,4,8,5

こちらは釣りの準備で盛り上がっています。
5,4,8,4

そして早速釣ってきました!
今年は、釣り三昧の一年になりそうな予感です(#^^#)
5,4,8,6

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
🌊令和7年度(第9期生) 山村留学生募集中🌊
 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、元気に自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。
2001年から20年間、子ども対象の「しまキャンプ」を、50回
当地で開催。約900名以上の子ども達が島外から参加してくれました。
🌺2017年から、子ども達とこの豊かな環境の中で共に暮らす「しま留学」をスタート!

海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と共に季節の移ろいを感じながら、
丁寧に暮らしています。
自給自足の暮らしを目指しながら、ハーブ園、猪肉の燻製品、その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR