fc2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
6
8
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
31
   

出会ってくれて、ありがとう。


私たちはこれまで、たくさんの子どもたちと出会わせてもらいました。
先のブログに書きましたが、20年続けてきた子どもキャンプでは、
のべ900人の子どもたちと出会ったことになります。

そしてやはり、出会いがあれば別れがある。
一年ともに過ごした留学生を、この春、次々に船でお見送りしました。
5,3,29,13

卒業式はとても感動的でした。
低学年の小さな子も、式中しっかりと背を伸ばし、
長いセリフもすらすらと覚えて、堂々と発表していました。
5,3,29,2

れんかさんは卒業証書授与の直後、壇上で
「ニワトリにかかわる仕事をしたい」と発表。
うちのニワトリも、可愛がってくれたね。
5,3,29,3

留学生のスバルくんとれんかさん。
お互いのことが分かると意気投合して、愚痴も言い合える仲に。
このご縁、ずっと大事にしてほしいな。
それにしても、たくましく大きく成長したなあ。
5,3,29,4


6年生のれんかさんは、自分のお宅でも10年以上、沖縄県で
留学生の受け入れをしていらっしゃいます。
自分が生まれた時から、家族は留学生の受け入れをしていた。
でもいつからか、自分も別の場所の留学にいってみたい、と思うようになったとか。

そんな大切な経験の場所に、「えん」を選んでくれて、
出会ってくれて、ありがとう。
5,3,29,5

必然的に出会ったこのメンバー。
れんかさんは、このクラスメイトに出会って可能性を開き、
自信にあふれ、大きく飛躍しました!
5,3,29,6

そして見守ってくれた家族。身は離れていても、心は固くつながっていた。
それを見せてくれた、素敵なご家族。
5,3,29,7

いつも笑顔だったわけじゃない。
怒ったり、喧嘩したりもしたよね。
それでも大切な仲間だ✨
卒業おめでとう!!

5,3,29,1

素晴らしい感動の卒業式が終わり、私はほっとして
午後からお昼寝。
起きたら家の中がいいにおい。
・・・
「ちーちゃん、誕生日おめでとう!!」
・・・
サプライズしてくれた・・。なんてかわいい子たちなんだ( ;∀;)
5,3,29,8

せっかくならと、冷蔵庫からヨーグルトやフルーツを出して
みんなでデコレーション。
ありがとう。最高にうれしい、いい日だ(*^^*)
5,3,29,9

次の日。れんかさんの出発の日。
5,3,29,10

学校のみんなが見送ってくれました。
5,3,29,11

終始笑顔で、手を振るれんかさん。
やり切った!と、気持ちよいくらいの、すがすがしい笑顔で。
この光景、忘れないでほしいな!
5,3,29,12

でも在校生には、あと一週間学校がある。
この写真の後、泣き崩れたカンナさん。
そうだよね。さみしいよね。
イチが一生懸命、慰めてくれていました。
5,3,29,14

なおきくんは、迎えに来たお母さんに、精一杯の気持ちを込めて、
たった一人で卵焼を作り上げました。
お母さんが喜んだのは言うまでもありません(*^^*)
5,3,29,15

そして、かんなさんも一年間の留学を終え、帰路につきました。
みんなが声をかけてくれるたびに、満面の笑みで答えるカンナさん。
泣かないようにと、一生懸命笑う、かんなさん。
5,3,29,16

でも船が動き出す少し前に、とうとう涙があふれだしました。
一年間の間に、たくさん流した涙。
それは、最初は悔し涙だったよね。
いろんなことが、なかなかうまくいかない、そんな涙だった。

でも、最後に流した涙は、やり切った、自信に満ちた涙。
そして、みんなを想う、涙だったと思います。
5,3,29,17

誰よりもたくさん泣いて、そして誰よりも、たくさん笑ったカンナさん!

みんな、また帰っておいで。
ここでいつでも、待ってるよ!!
5,3,29,18

留学生たちと、温かいまなざしで関わってくださった皆さん、
本当にありがとうございました!!
スポンサーサイト



出会いって不思議だね

別れの季節です。
くらしの学校「えん」の事業として、子どもしまキャンプを20年、
その後、新たな事業として始めたしま留学は、もう7年目。

その間、たくさんの出会いを経験してきました。
今年出会った「えん」の留学生は3人。別の里親さんのもとへ留学し、
一年越しに上五島に戻ってきてくれた留学生も合わせたら、4人!!

この素敵な笑顔の4人には、きっと神様が出会わせてくれた✨
5,3,28,1

普段は別のおうちに留学しているスバルくん。
バレンタインのお返しにと、一緒に収穫したサツマイモで、
スイートポテトを作ってきて、お泊りに来てくれました💛
(すごくおいしくてびっくり!!)
5,3,28,2

チーズ好きのスバルくんのために、夕飯は山盛りの
ポテトグラタン♪
朝食は、以前作ったら喜んでくれたなあと思い出し、
野菜ケーキを!(おかずです)

こちらも一緒に掘った「じゃがいも」と、人参を合わせて
バターで焼き、ケーキ型に入れ・・
5,3,28,3

えんの卵と、主人の作った「手塩」を合わせて、、、
5,3,28,4

オーブンで焼くのですが・・張り切って前の日に下ごしらえして
一晩、冷蔵庫に入れていたので、ケーキ型も素材も冷え冷えすぎて、
なかなか焼けない💦
この日は朝から学校だったので、泣く泣く「卵が半熟の野菜ケーキ」と
なってしまいました( ;∀;)(卵が新鮮だから許される・・💦)

それでも、美味しい美味しいとおかわりしてくれたスバルくん、
ありがとう!
5,3,28,5

寝る前も、それはそれは楽しそうでした。
そんな姿を見て、ふと思いました。
この子たちって、偶然の出会いなんだよな・・
たまたま同じ年に、留学を希望して、ここにやってきた仲間。

でも・・たまたま、とか、偶然、という言葉ではしっくりこない。
出身も、年齢もバラバラのこの子たち。
もしかしたらやっぱり、五島でこのタイミングに一緒に留学することは、
運命だったのかもしれないな。

この子たちの最高に楽しそうな様子を見ていると、そう思わずにはいられません(*^^*)
5,3,28,10

話は変わって。
今年の初春は、五島列島にイワシの大群が押し寄せました。
ここまでの大群は、もう30年以上前以来のことだそう。
島の人たちが全員「もうイワシは飽きた・・」とつぶやいてしまうくらい、
1か月ほどイワシ三昧でした(笑)
5,3,28,6

刺身、酢で〆たり、塩焼きや・・といろいろ試しましたが、
私は甘露煮が一番美味しかったです♪
5,3,28,7

またまた話は変わって。
息子が高校進学のために長崎市内での寮生活を初めて、
あっという間にもう1年です。
のんびり屋でおっちょこちょいで、不器用で・・。
それゆえ困るごとも多くあるようですが、それでも自分の居場所を見つけて
高校生活に奮闘しています!
5,3,28,12

私の方は、自宅での透析もこの秋で丸8年となり、絶好調です!!
愛犬イチとの毎日の散歩が楽しすぎて、散歩のついでに拾い始めた
海ごみの数、なんと500袋以上。(自分でもビックリ!)
昨年の5月から毎日コツコツ続けて、いまではこんなに美しい海に
なりました!
5,3,28,9

そして、いつも私たち家族や、留学生たちに癒しを与えてくれるこの子。
やっぱり、イチとの出会いも不思議だね。
ありがとう💛イチ💛
5,3,28,11

椿の花で酵母を起こし、パンが焼けた!!

「五島のつばきの花で酵母を起こして、パンを焼きたいです!!」
私の真正面に正座し、キラキラした瞳でこう言ったのは、
一年半前、留学の現地見学に訪れた時の、れんかさん。
(まだ今よりずっと髪も短く、あどけない表情だったな(*^^*))

「へえ!面白いね!必ずやろう!!」私もそういって、約束したんでした。
れんかさんが、留学終了直前、その目標を、見事達成しました。

何回もの失敗の上、ようやく大成功した、「椿の天然酵母パン!!」
5,3,10,1

失敗続きだった時、島の天然酵母のパン屋さんから、
れんかさんにアドバイスをいただきました。
「椿の花だけで酵母を起こすより、まずはリンゴで起こして、
途中から椿の花を入れてごらん」

そこでれんかさん、まずは、瓶にリンゴと水を入れて、酵母を起こしました。
でも、酵母を起こすには暖かい場所に置かないと。
この時の室温、12度前後💦寒い。

そこで2人で話し合い、「昼間は私の自宅透析をしている
ぽかぽかの部屋に置く。
夜は、れんかさんが酵母の瓶を抱いて寝る!!」

ことに決定!

れんかさんが、抱いて寝ること数日。
れんかさんの体温のおかげでしっかり泡が出て、ワインのような香りに♪
5,3,10,2

泡が落ち着いたところで、いよいよ椿の花を投入!
5,3,10,4

れんかさんの考えで、つばきの蜜を入れたいからと、
椿の「がく」はそのまま投入。
5,3,10,5

さらに抱いて寝ること数日・・
泡がぶくぶく!芳醇な香り!
5,3,10,6

酵母起こし、ひとまず成功でしょう!
5,3,10,7

途中、ほかの子も興味津々。
ホントにこれで、パンが膨らむの??
5,3,10,8

ざるで濾して・・
5,3,10,9

絞って・・
5,3,10,10

いよいよ元種にするために、強力粉と、ゴリリンの塩を投入。
5,3,10,11

数時間後、ぶくぶく!いいぞ!酵母は元気だ!
5,3,10,12

さらに強力粉と塩、水を加え・・
5,3,10,13

完成した元だねと、パンの材料(強力粉、手塩、メープルシロップ、
バター)を混ぜ合わせ、こねて、
パン生地ができた!
5,3,10,14

翌朝まで発酵させるため、寝る前に仕込みです。
5,3,10,15

翌朝。れんかさんは「ぱん!!」「発酵!!」と叫びながら起きてきた(笑)
ドキドキしながらオーブンに入れる。
ワクワクしながらオーブンを開ける!!
「うわーーーーーー!!!」と歓声が。
5,3,10,16

カンペキな仕上がり!!
香ばしい、天然酵母特有の香りが、たまらない✨
市販のイーストでは絶対に出ない香り!
5,3,10,17

れんかさんの起こした酵母の力で、ちゃんとパンが焼けた✨
感動です!!
今まで食べた、どの天然酵母パンより、ダントツでおいしい・・・( ;∀;)
5,3,10,18

パンのおいしさに、大興奮の朝でした。
5,3,10,19

そして離れに住むママリンのもとへ、焼き立てのパンを
走って持っていくれんかさんの後ろ姿が、朝日に照らされて
美しかったです(#^^#)
5,3,10,20
調理師で、料理の腕前抜群のママリンも、うーーーん、
これは最高にうまい!!と唸っていました。

分かれと出会いの心構え


一年間の留学終了まで、残りわずかとなってきました。
二人は地元へ帰り、一人は留学を延長します。

お互いが愛おしくて、大切に思っていることがよくわかる、
この日常の一コマ。
5,3,9,1

もうすぐお別れだからと、素敵なプレゼントをいただきました。
「五島ヒノキ」でできています!!
5,3,9,2

プレゼントしてくださったのは、町の地域おこしとして、地元の
森林組合で働く田代さん。
5月に一緒に世界遺産の野崎島に行ったとき、子どもたちの写真を
たくさん撮ってくださってました。
その写真をもとに、木にプリントしたものだそうです。

五島ヒノキは建築用材として使用されますが、使えない丸太もあり、
その有効活用として、さまざまアイディアを出し、活動してくださっています。
素敵ですね✨
5,3,9,3

ホットペンを使って、木に字を書いていきます。
素敵な思い出の品になり、子どもたちも感動していました!(^^)!
5,3,9,4

私の母も、留学生たちに会いたいからと、車で50分かけて、
島の端から端へ駆けつけてくれました。
うちのにがりの粉末と、母の庭でとれたお花、エッシェンシャルオイルを使って、
おしゃれな「香りのにがり」を、一人づつにプレゼントしてくれました。
5,3,9,5

「いい香り~~~!!」女の子たち、嬉しそう(#^^#)
5,3,9,6

留学生たちと食べてくださいと、留学生の保護者さん自らがさばいた、
イノシシのお肉が送られてきました。
ママリンが、張り切って「イノシシシチュー」を作ってくれました。
5,3,9,7

みんなで掘ったジャガイモも、丸ごと入れて。
美味しい気決まっています✨
5,3,9,8

1年間、週に一回みんなで習った習字。
見事な上達で、留学生の保護者さんたちもびっくりしています。
5,3,9,9

土日は朝から、3人で手分けしてお当番を頑張ってくれます。

この日はれんかさんが、動物のお世話。
ニワトリ、ウサギ、カメ、ネコ、ヤギ、ポニー、それぞれに、
必要なお世話をします。
難しい仕事だけれど、特にれんかさんは、最初からほぼ完ぺきに
こなしてくれ、とても助かりました。
5,3,9,10

この日のカンナさんは、お茶碗洗い。
シンクまでピカピカにする技を、身に着けました!
5,3,9,11

この日のなおきくんは、洗濯干し。
お姉ちゃんたちから、「よく乾く干し方」を伝授してもらい、
この通り、立派な干し方です!沢山の量、一人でよく頑張ったね!!
5,3,9,12

ある日突然、なおきくんが学校から表彰状を受け取ってきました。
五島文化協会の短歌コンクールで、見事「秀逸」の賞!

「うろこぐも うらやましいな きみたちは
         いつも自由に とんでいるから」

鳥肌が立ちました。なんて自由な感性なのでしょう・・・。
5,3,9,13

最初はできなかった給食着のアイロンも、完璧にできるようになったね。
素晴らしい感性はそのままで、これからもたくさん成長してほしいです。
5,3,9,14

去年の春に生まれた烏骨鶏のひよこたちも、こんなに大きくなった。
5,3,9,15

去年の春に、市内の高校に入学するため我が家を巣立っていった息子も、
大好きな野球を続けて、頑張っています。
5,3,9,16

15年間一緒に過ごした息子が家を出たら、どれだけの喪失感かと
心配でしたが・・・
留学生たちのおかげで、思いのほかへっちゃらでした!
心配は尽きませんが(*^^*)
5,3,9,17

たまに息子が帰省すると、太志兄ちゃんの取り合いです。
5,3,9,18

我が家を離れても、母の心配をよそに、たくましく、力強く、過ごしてくれています。
うまくいかないことも、多々あるようですが(笑)
それでも!
この笑顔で「ただいま!」と帰ってきてくれる。
それだけで十分満足です。
5,3,9,19

息子を見送るたびに、胸の奥がきゅんとさみしくなるのですが・・
家に帰ると留学生たちが待ってる。
そう思うと、寂しさは吹き飛んでしまうのです。

ありがとう、子ども達!!!
5,3,9,20

仲間と過ごす誕生日。お弁当の日。燻製。たまごやき。


留学中に誕生日を迎えたなおきくん。
ちょうど帰省してくれた息子、太志と同じ誕生月ということで、
合同誕生日会を開きました!
5,3,4,1

なおきくんのケーキのリクエストは、イチゴの乗ったチョコレートケーキ!
さあ、生みたての「えん」のピチピチ卵を使って、作ります。
5,3,4,2

スポンジもチョコ味。ふっくら焼けました!
5,3,4,3

「えん」のお決まり、真っ暗な部屋で、ろうそくとハッピーバースデーの歌♪
5,3,4,4

すっかり坊主が定着したなおきくんと、相変わらず坊主が似合う
高校野球部の太志兄ちゃん。息ぴったり(笑)
5,3,4,5

チョコレートケーキが、自分でも最高の出来で・・
これはまた作らなければなりません(#^^#)
5,3,4,6

サプライズで、二人のお姉さんからプレゼントをもらったなおきくん。
カンナさんから、手作りのキーホルダーと、知恵の輪セット。
5,3,4,8

れんかさんからは、本です!
二人とも、冬休みの帰省中に準備したそうで・・
なおきくんのためにと一生懸命選ぶ姿を想像すると、
何とも言えません(#^^#)
5,3,4,7

思いがけないプレゼントに、とっても嬉しそうでした✨
5,3,4,9

えんで収穫したサツマイモを切るカンナさん。
5,3,4,10

まだ朝の6時前。北小の「お弁当の日」です。
それぞれ一品づつ、おかずを作っています!
5,3,4,11

この日のために、卵焼きの練習を重ねてきたなおきくん。
無事にきれいな卵焼きが焼けました!
カンナさんも、お気に入りのさつまバターを完璧に仕上げ・・
れんかさんは手際よく、前日にポテトサラダを仕上げました。

名付けて「自給自足弁当」✨
なんと、買った食材は一切入っていません!!
子どもたちも大満足の出来でした。
5,3,4,12

この日は2か月に一度の主人のジビエの燻製日。
5,3,4,13

シカ肉のほかに、茹で卵やチーズも燻製に。
子どもたちのおやつになります。
5,3,4,14

今回のシカ肉は特に上質で、柔らかくジューシーで旨みもある。
このベーコン、美味しすぎて子どもたちと争奪戦で食べました!!
5,3,4,15

3月3日には、えんのみんなのおばあちゃん、ママリンがちらし寿司を
作ってくれました。
小学校のお友達も、お泊りに来てくれました。
5,3,4,16

朝は一緒にニワトリのお世話。
二人がなかなか鶏小屋から出てこないと思ったら・・
「卵が生まれる瞬間が見れた!!」と、大興奮で帰ってきました!(^^)!
5,3,4,17

その日のお昼。私は自宅で透析なので、子どもたちが昼食を作りましたが、
この二人、朝とった卵で、卵焼きを焼いてくれました。
5,3,4,18

作り方も、お味もまたく違う、それぞれの卵焼き。
お互いに「じょうずだね。おいしいね。」と言い合える仲。
素敵なお友達ができて、良かったね。
5,3,4,19

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和6年度 山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR