fc2ブログ
   
12
1
2
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
18
19
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
   

カツキくんおめでとう!!

えんの留学生で一番の元気っ子、カツキ君の誕生日でした。
3,12,24,4

カツキ君から前もってリクエストされていたのは、イチゴたっぷりのケーキ!
私がこっそり台所で仕上げていると、2人もこっそりのぞきに来ました(^^)
3,12,24,1

夕飯は、小野家ではめったに食べない牛肉で、しゃぶしゃぶでした。
少し前いただいて、大事にとっておいたものです。
畑のお野菜をたっぷり入れて、ママリンからお赤飯も炊いてもらって、
好物の酢の物も作ってもらって。

お腹いっぱいなのに、みんな別腹で・・
3,12,24,2

ケーキの登場!
3,12,24,3

クリームも贅沢にたっぷり!で、崩れそう(笑)
3,12,24,5

この笑顔が見たくて、毎回張り切ってしまいます!
3,12,24,6

子ども達は、メッセージカードとプレゼントボックスを用意していました。
渡すときの照れくさそうな笑顔がかわいい💛
「あーーー今日は最高の一日だったぁ!!
ちーちゃんママリン、最高に美味しかったよーありがとう!」
この言葉がスラリと言える。カツキ君のいいところ。
3,12,24,7

えんの母屋前の景色。
左は大きなアコウ(ガジュマル)の木。えんの御神木。
その右には、夏ミカンが早々に実ってる。
3,12,24,8

子ども達が冬休みに帰省する前に、みんなで収穫しました。
いつも見守ってくれている、大好きな親御さんへのお土産に。
3,12,24,9

今年の夏ミカンは大きくてつやつや。ミルトンの、(上質馬糞の!)
肥料が効いています。ジューシーで、酸っぱくて、美味しいんです。
3,12,24,10

さてさて、それぞれのお家に一時帰省する留学生たちですが、
数日前、エリちゃんがこっそり見せてくれたものがありました。
3,12,24,11

普段ずーーっと一緒に過ごしている留学生。
喧嘩だって良くしてしまいます。でも・・
「こうありたい」というエリちゃんの気持ちが詰まった、
石ころアートに、何だか心があったかくなりました。

お風呂沸かしの当番の後だったので、手がススだらけ(笑)
いつも頑張っているもんね。

ほんのひとときの家族の時間。
思いっきり、楽しんでおいで!
スポンサーサイト



みんなで育たもち米でお餅つき!


昨日は、みんなで大事に育てたもち米100%で、お餅つきをしました!
留学生3人で、息の合った!?お餅つき(*^^*)
3,12,20,2

精米して抱えたときの重みが、収穫を実感。
すでに先日のカンコロ餅にも使いましたが、
この日は、全部で約10キロのお餅を搗きました。
3,12,20,1

薪とせいろで数回に分けてもち米を蒸していき、
火の中にはえんでとれたお芋を入れて、焼き芋も!
3,12,20,13

昨日の寒波もなんのその!お日様が味方してくれて、
ぽかぽか陽気になってきた。
3,12,20,9

石臼には数時間前から熱湯を張り、熱くしておきます。
まずは大人の力で、熱いうちにつぶして・・搗く!!
3,12,20,3

息子や同級生、後輩たちも来てくれて、若い力で
掛け声とともに、元気よく搗く!
3,12,20,8

引きのつよーーい、エネルギー溢れるお持ちの完成✨
3,12,20,10

子ども達と、みんなでワイワイ丸めます。
みんな粉だらけで楽しそう。
3,12,20,11

じゃ―――ン!子ども達の力作。上出来です。
3,12,20,12

そこへ運び込まれた、お母さんたちが丸めたお餅。
それも、小豆のあんこと、母の手作り、紫芋のあんこ入り!
3,12,20,4

ピッカピカ―――!美しい―――!全然違う!
同じ材料なのに(笑)
3,12,20,5

紫芋餡は、レモンの風味もして、超美味。みんな大絶賛でした。
3,12,20,14

差し入れに、美味しいあつあつ豚汁をいただき、みんなでいただきまーーす!
五島うどんのおまけつき。
外で、みんなで食べるご飯のなんと美味しいことか。
豚汁も、五島うどんも、すぐにすっからかん!
3,12,20,6

手作りのおやつ、島のかりんとうなども差し入れしていただきました!
3,12,20,7

田んぼで顔まで泥んこになり、みんなで大爆笑しながら盛り上がった、田植え。
トンボが飛び交う空の下で、たわわに実る稲を両手いっぱいに刈り取った稲刈り。
作物の成長を思い出しながら、美味しくいただけること。
なんて幸せなことでしょうか。

田植えからかかわってくれた方達、ありがとう。

えんに柴犬の赤ちゃんが仲間入りしました💛


ずっとずっと、うちで飼っていた柴犬のリュウが忘れられませんでした。
1年半前にリュウが天国へいってから、何となく、小屋を見るたびには
思い出して・・・

・・・出逢いを探し求めて、とうとう10日ほど前、新たな出会いがありました。
生後2か月の柴犬の赤ちゃん、「いち」くんです✨
3,12,17,6

生まれて間もないこと、移動でとても疲れていること、
初めての場所でおびえているかもしれない事・・・
子犬との接し方を、子ども達に丁寧に話をし、とうとうご対面!

「どうしよう!うれしすぎて、ドキドキし過ぎて怖いくらい・・・
胸が、はりさけそうーーー!!」
と、興奮気味で、緊張な面持ちの子ども達(^^)
3,12,17,2

さあ、今日からここが、君のお家だよ!
3,12,17,3

ひとまず自由にさせてみよう。すると・・
3,12,17,4

はると君のもとへ。
3,12,17,5

いち君の存在は、みんなを笑顔にしてくれます✨
3,12,17,1

まだ赤ちゃんなので、一日のほとんどは寝て過ごします。
赤ちゃんなので、大きくなるまでは室内で過ごします。
2階は塩の作業部屋なので、立ち入り禁止(笑)
まだ、柴犬特有のおでこの模様も、うっすらしかありません。
これから、子ども達とたくさんの経験をしながら、
一緒に大きく育っていくでしょう!

いち君、これから長い間、どうぞよろしくね!
3,12,17,7

えんの美味しいもの♪

ブログに紹介しきれなかったものも含めて、えんの「美味しいもの」紹介♪

えんの生みたて卵。
ニワトリのエサのほとんどは「人間が捨てるはず」だったもの。
うちの残飯、野菜くず、くず米、おから、パンの耳・・・。
残飯やおからが入っていたバケツを洗ったら、その排水は畑の肥料に。
その畑でとれた野菜をニワトリに、ニワトリの糞はまた畑へ。
子どもにも伝えやすい「循環」です。
3,12,11,2

えんのたまごは、スイーツにも変身します。
3,12,11,4

夏の間、少しづつ畑で育った、生命力の高いお野菜たち。
3,12,11,1

主人がさばいた、脂ののったイノシシ肉。
3,12,11,3

焼肉にしたら、うまい!子どもたちにも大人気。
3,12,11,5

秋には焼きあごを作ったな。
3,12,11,6

毎朝のお味噌汁のお出汁は、この焼きあごを使っています。
3,12,11,7

梅干しを干して、干し梅を作ったり・・
3,12,11,8

お餅や銀杏、唐辛子も干す!
3,12,11,9

どのお米よりもおいしいと、自画自賛の「えん」のつやつやお米!
3,12,11,10

石釜ピザパーティー用、大きいお鍋でピザソースづくり。
ハーブ園のハーブがたっぷり。
3,12,11,12

お客様がいらしたら、必ず「手搾りの椿油で天ぷら!」
3,12,11,13

大根を間引いたら・・
3,12,11,14

ゆでて刻んで、ゴマと鰹節を加えて、ふりかけに。
3,12,11,15

炒め物にも美味しい。
3,12,11,16

毎日精米するので、米ぬかはぬか漬けやふりかけに。
3,12,11,17

秋に収穫した「ケツメイシ」は、薪ストーブで香ばしく炒って、
ハブ茶に。
3,12,11,18

薪ストーブの上で、じっくりと炒ります。
3,12,11,19

今年はバケツ一杯取れたので、じっくりこれから炒っていきます。
3,12,11,20

身体は食べ物からできている。
早寝、早起き、そしてえんのご飯。
決して御馳走ではないけれど、身体が喜ぶご飯。

お陰様で子どもたち、病気一つせず、毎日元気いっぱいです(^O^)/

はると君、釣り大会で準優勝!

先日行われた釣り大会に、留学生たちが参加してきました。
そして、はると君が準優勝で表彰されました!
3,12,4,2 (2)

この日は「土木の日」にちなんだイベントで、釣り大会の他にも
様々なイベントが行われていました。
早めに出かけたので、竹や松ぼっくりなどの自然素材で、工作ができるコーナーがあり、
カツキ君は「竹ぽっくり」に興味津々!
3,12,4,2 (1)

エリちゃんとはると君は、松ぼっくりでクリスマス飾りづくりです。
3,12,4,4 (1)

島の木の実や落ち葉、たくさんの素材が用意されていて、楽しそう!
3,12,4,4 (2)

完成!それぞれの机に飾ろうね。
3,12,4,18 (1)

さあ、お待ちかねの釣りタイム。20人ほどの参加者がいました。
3,12,4,6 (2)

釣りの場所は番号で割り振られ、好きな場所では釣れなかったのですが・・
3,12,4,6 (1)

釣りの好きなはると君が最初に数匹。
カツキ君は全く釣れず、落ち込みかけていたとき、
知り合いが声をかけてくれて・・
3,12,4,8 (2)

小さいけれど、釣れはじめた!
3,12,4,8 (1)

エリちゃんも楽しんでました(^^)
3,12,4,10 (2)

1時間の釣りの成果。
はると君。かわはぎ、アラカブ、ベラ。
3,12,4,10 (1)

えりちゃん、後日、新聞にも紹介された例の「かわいいお魚♡」
3,12,4,12 (1)

後半に追い上げを見せた、カツキ君。
3,12,4,12 (2)

さて、計量の時間。
気が付けば、カツキ君が2位の席に座っている!!
3,12,4,14 (1)

でもすぐに、はると君が追い抜いて・・
3,12,4,14 (2)

結果、2位の座ははると君に!
3,12,4,16 (2)

この日は風が強く、コンディションが悪い中、一匹も釣れない子もいたようですが・・
よく釣れましたね!
3,12,4,16 (1)

表彰状、豪華景品までいただきました!
カツキ君も結果は3位で大健闘!
自分を追い抜いて2位になったはると君に、
「2位良かったね!おめでとう!!」と自然に言えるカツキ君、
とっても素敵です(^O^)/
(1位の子、ブログ掲載許可いただきました。おめでとう!)
3,12,4,18 (2)

帰宅後、会場で作った竹ぽっくりで、楽しそう!
思わず私もやってみました。懐かしく、結構楽しいです♪
3,12,4,20 (2)

そうそう、釣ったお魚は・・
3,12,4,20 (1)

丁寧にさばいて、から揚げにしました!
小さくてもおいしかったです。
3,12,4,21

後日・・ママリンが「新聞に載ってるよ!」と知らせてくれました。
エリちゃんのコメントが、何ともかわいい・・
3,12,10,1
いい思い出になったようです(*^^*)

はるとくんの「ケーキの設計図」

先日は、留学生はると君の誕生日でした。
3,12,2,6

私から、子どもたちにしてあげられることは、リクエストのパーティーメニューと、
ケーキを作ること。
どんなケーキがいい?と聞いたら、しばらくして
「ぼくのケーキ設計図」を渡されました!!
3,12,2,2

卵は「えん」の生みたて卵が定番。今回は、ウコッケイちゃんが
ちょうど卵を3つ産んでくれました。
3,12,2,1

張り切って、ケーキを歌いながら運ぶカツキ君。
3,12,2,5

はると君のリクエストは、チョコ、チョコ、チョコだらけケーキ!!
何とチョコ素材を7種類も使っています(笑)
3,12,2,4

わー―――!ほぼ設計図通り!と、喜んでくれました(*^^*)
3,12,2,7

スポンジもふわふわに焼けて、チョコたっぷりで!
みんな喜んでくれました。
3,12,2,8

はると君のリクエスト、カボチャのスープとミートローフ、
はると君の地元、北海道から届いた、ミルクの風味が最高に美味しい
「ジャパチーズ」のカプレーゼやチェダーチーズ焼き、
カボチャのグラタン、ママリンが作ってきてくれたお赤飯で、
お腹もいっぱい!
3,12,2,3

当日はみんなで、「一番早くはるとくんにおめでとうが言えるのはだれか!」で
盛り上がっていました。
「おめでとう」のシャワーを体いっぱいに浴びて、
離れて暮らす大好きな家族からのお手紙を読みながら、
幸せそうな表情のはると君でした。

「誕生日は、お母さんがはるとを産んでくれた日。
大好きなお母さんに「ありがとう」と伝える日だよ。」
ゴリリンからのメッセージが、はると君に届いていますように(*^^*)

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和4年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和5年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR