FC2ブログ
   
04
1
3
4
6
7
8
9
10
11
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

新しい留学生です!よろしくお願いします✨

家族ではじめた山村留学事業も、今年で5年目です。
20年間子ども対象のキャンプ事業をしていましたが、やはり
1年間という長期で子どもを預かる留学を始めることには、もちろん不安もありました。

ですがやっていくたびに思うことは一つ、成長期の子ども達と
密に関わらせていただくことのありがたさ!!

今年もやってきました。元気いっぱいの3人です!!
これから1年間、共に過ごします。
(前期の留学生が植えた段々畑の麦と。海と共に)
3,4,2,1

早速いろんな経験をしています。
畑で大根を抜いたり・・
3,4,2,3

ポニーのミルトンと遊んだり・・
3,4,2,2

釣りにも!
3,4,2,14

釣りを楽しんでいたら、そばにいた漁師さんから
「魚いるか?今夜の刺身にせんね」と声をかけていただき、
なんと高級魚「石鯛」をいただきました!

☆石鯛豆知識☆
荒磯の王者や荒磯の覇王という別名を持つほど、磯の生態系の中では
トップに君臨する石鯛。
激流の中に身をおいており、人にたとえるなら就寝中でも
鍛えているような感じだという。
そのためだろうか、身は引き締まっていて弾力があり、
刺身で味わうと食感が楽しめるそうだ。
--------こんな魚、島にいても頻繁には食べられません!ありがたいです!
3,4,2,4

帰宅したら、エリちゃんはさっそく夕飯の準備をしてくれ・・
3,4,2,6

男の子たちは、石鯛をさばいてみます。
3,4,2,7

興味津々でさばいていました。
3,4,2,8

お風呂沸かしとご飯炊きにもチャレンジ。
薪の火おこしの方法をゴリリンに教わります。
3,4,2,9

夕飯は、みんなで作った畑の大根入りカレーライスとお刺身。
さっきの石鯛と、私の父(漁師)が留学生のためにと差し入れしてくれた
これまた高級魚の「クエ」です。
3,4,2,10

両手に留学生の太志。
「太志兄ちゃん💛」とさっそく頼られて、何気に嬉しそうです!
3,4,2,11

地域の方からつきたてのあんこ餅も差し入れしていただきました。
3,4,2,12

沢山いただいたので、さっそくみんなでいただきました。
留学生を歓迎してくださる島の皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。
3,4,2,13

3人とも、子ども自身で「えんに留学したい!!」と強く望んでやってきた子たちです。
一年間、どうぞよろしくお願い致します!!
スポンサーサイト



プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR