FC2ブログ
   
02
1
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
23
24
25
28
   

すばる君の表彰とケイタ君のリベンジ

「すもぐりの 10月の海 最後かな」
これは、すばる君が小学校で作った俳句です。
これが、五島列島小中高校生短歌・俳句コンクールで
「秀逸」の賞をいただきました!
3,2,27,16


「この一年、えんでたくさん泳いで素潜りもしたけど、
10月に最後に素潜りしたとき、あ――これで五島での素潜りも最後かな・・
楽しかったな、でもちょっぴりさみしいな」と感じたときの気持ちを込めたそうです。

とっても素敵な俳句ですね!
表彰されて、すばる君とっても嬉しそうでした(*^^*)
3,2,27,15

ケイタ君は留学中の初めのころ、馬のミルトンに乗馬したときに
数秒で落馬してしまったという苦い思い出が・・。
でも先日、留学終了前にリベンジ成功!!
留学中の日々の運動量の成果で体が締まったことと、
運動能力がずいぶん高まったことが功をなしたようです。

すごく安定していたので、主人はミルトンから手を放し、
ケイタくん、自分一人でミルトンを操縦!
3,2,27,1

実はこの日、ケイタ君の担任の先生がご家族で遊びに来てくれていて、
かっこいい姿を見せることができ、とっても嬉しそうでした(*^^*)
3,2,27,14

この日の午前中は、6年生のお別れレクレーションの日。
先生と子ども達とその家族で、釣り大会をしました!
3,2,27,8

最初に釣ったのは、釣りが上手なテンシン君!
高級魚、ヤガラです。よく釣ったなあ!
3,2,27,7

さあ、ケイタ君も続けてゲット!サビキでアジ狙いです。
3,2,27,6

いつもは釣りと言ったら「えん」ではすばる君がいつでも
一番釣るのですが、この日はケイタ君が大ヒットの日。
3,2,27,9

結局15匹ほどアジがつれました!
3,2,27,10

もちろん帰ったらお刺身に。
新鮮最高♪
3,2,27,11

この日楽しいことがもう一つ。
ケイタ君の担任の先生のもう一つの顔が、島内の「政彦神社」の
神主。ということで、みんなでお邪魔してきました。
3,2,27,2

ケイタ君にとって、とても重要な件があって・・
実はこの神社の「政彦神社」の字が、あの海軍で有名な、
「東郷平八郎」の直筆だというのです!
海軍大大好きのケイタ君にとって、これは何としても一目見ておきたいもの。
3,2,27,14 (2)

東郷平八郎は、日露戦争において、連合艦隊を率いて日本海海戦で
当時世界屈指の戦力を誇ったロシア帝国海軍バルチック艦隊を破って
世界の注目を集め、アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 、東郷提督)として
その名を広く知られることとなった方です。(ウィキペディアによる)

そんなすごい方の直筆の書が、こんな小さな島の神社になぜあるのか・・
というお話を、先生のお父様である宮司さんから聞き、驚きと納得で
大興奮の私たち。
(詳しく知りたい方は、直接私に聞いてください!)
ケイタ君の興奮は、言うまでもありません(*^^*)

ちなみにこの写真の真ん中の「政彦神社」の文字が、東郷平八郎の書です。
3,2,27,12

東郷平八郎の写真を持って。とっても貴重な機会をいただいて、
感謝感激でした!
3,2,27,13

ちなみに、乗馬成功の日から、ケイタ君はミルトンとますます
仲を深めています(*^^*)
子ヤギのコムギもすくすく成長中です!
3,2,27,1 (3)
スポンサーサイト



プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR