FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
22
24
25
26
27
28
30
31
   

アジを100匹さばく~!

留学生が魚さばくのが大好きで‥と言ってたら、「夜釣りしたから
どうぞ!」と、アジをたくさんいただきました。
嬉しくてテンションが上がるすばる君。
いただいた量がすごかったんです・・・。
2,12,23,5 (2)

さばいている途中に気が付いて写真をとりましたが、
箱にびっちり一杯、ぎゅうぎゅうにアジが詰まっていました!
「これ、どこで、どんなエサで、どれくらいかけて釣ったのかな・・・!?」
とすばる君は興味津々。
今度、これをくださったお兄さんに聞いてみようね(*^^*)
2,12,23,5 (1)

「このアジはなかなかイケメンだな。こっちはそうでもない。
この子はメスだなあ。」
内臓を取り出してじーーーっ・・
「あ、小さい小魚食べてる!この部分は胃とつながった腸の部分かな・・」

さばきながら終始にっこにこ。
さばいてる姿を見てるだけで、とても面白いです!
2,12,23,8 (2)

相当腕を上げています。
頭からしっぽまでを使って盛り付けるのがこだわり。
緑の葉っぱで見栄えをよくするのも忘れません。さすが・・✨
2,12,23,10 (2)

自分が手掛けた料理が食卓に並ぶのは、最高にうれしいことだね。
2,12,23,8 (1)

この日は2か月に一度のジビエの燻製日。
2,12,23,4 (2)

ハム、ベーコン、ソーセージを作ります。
2,12,23,2 (2)

贅沢に桜の生木だけで燻します。ベーコンは8時間も燻製します。
2,12,23,2 (1)

完成!主人の燻製品が、子どもたちはみんな大好き。
子どもたちのために、卵やチーズも燻製してくれます。
2,12,23,4 (1)

手作りの品が並ぶ食卓で、おいしい夕ご飯。
手間はたくさん。でも喜びもたくさん!
2,12,23,10 (1)

すばる君はこの日10匹ほどさばいてくれましたが、まだまだ
山のようにあるアジ・・・
喜んで、ありがたく私がさばきました。
数えたら、100匹以上。夜中までさばく・・なんてのも
海辺の町、五島あるあるです。

残りは酢で〆たり、フライ用にしたり、南蛮漬け用に下ごしらえしたり。
2,12,23,11

しばらくおいしいアジを満喫できそうです。
スポンサーサイト



プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和3年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。
⇒定員いっぱいになりました!令和4年度の募集は、新年度が始まって準備が整い次第開始いたします。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR