fc2ブログ
   
03
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
20
22
23
24
25
   

料理研究家「宮成なみさん」上五島へ🎶パート3

こちらが、腎友会レクレーションでのお食事会メニュー(^^♪
🌺春がたっぷりちらし寿司、🌺アジのすり身揚げ、🌺ブロッコリーのゴマダレ、
🌺果物缶の寒天ゼリー(夏みかん風味)ちょっぴりイチゴ添え、
🌺小野家の自家製麦茶、そして🌺宮成さんの「即席マグ味噌汁、上五島の
新あおさバージョン」 塩分、カリウムなどを減らすために、色々工夫しています。
IMG_6440.jpg

これまでは、お弁当にしてもしょっぱくて残す方がほとんどでしたが、
おいしい!と、大好評!
今回は、ほとんどの方が間食してくださいました!
IMG_6442.jpg

終始、笑顔で、時には涙を浮かべながら
患者さんに語り続けてくれた宮成さん。
患者さんの心に、たくさんの熱い想いと元気を
届けてくれました。
IMG_6427.jpg

たくさんの方々に助けていただき、今回の
レクレーションは大成功でした。
また、このような会をぜひ企画したいです!!
IMG_6428.jpg
スポンサーサイト



料理研究家「宮成なみさん」上五島へ🎶パート2

さて、今回、上五島の透析患者の会「腎友会」のレクレーションに
講師として来ていただいた、宮成なみさん。
宮成さんは、私たちと同じ「透析」をしながら、福岡を拠点に
料理研究家として活躍しています。
宮成なみさんのブログはこちら
http://miyanari-cook.com/prof

今回はありがたいことに、この日本列島の西の端
五島列島にお越しいただいて、上五島の透析患者さんに
たくさんのお話を聞かせていただきました。
IMG_6443.jpg

これまでほぼ毎年、腎友会のレクレーションを
行ってきましたが、今回ほど患者さんの満足感が
高かったのは初めて。
講師の先生自身も、私たちと同じ透析をしている。
そして、思いを共感できる。
とても充実した時間でした!
IMG_6415.jpg

講演中、ボランティアさんが、講演後の食事会のご飯を作ってくれました。
これは、私の父(元漁師)が作ってくれた「アジのすり身揚げ」
市販のすり身は安心して食べられませんが、手作りのすり身は
安心して食べられます。何より、父のすり身は味がピカイチ!!
IMG_6429.jpg

食事を作ってくれた、母たち。
本当にありがたいです。感謝!!  つづく・・・
IMG_6419.jpg

料理研究家の「宮成なみさん」上五島へ🎶

透析室(腎友会)のレクレーションに
透析をしながら料理研究家として活躍されている
宮成なみさんを福岡から上五島にお迎えして、講習会と
食事会を開きました🎶
遠方から上五島まで来ていただいたことに
感謝、感激!!

来島した日には地元の漁師さんが、宮成さんのために
ひらすでお刺身を作ってくれました(^^♪
お刺身は、もう、最高の味💛

そして、自家製の椿油で揚げた、天ぷら。
ママリンが、「えん」周辺で採った「タラの芽」「野生三つ葉」「明日葉」
父の育てた「しいたけ」「ユリ根」の天ぷらです。
IMG_6409.jpg

こちらは、父が釣ってきてくれた、あらかぶ(かさご)のお味噌汁。
うれしいことに、宮成さんはどれもとても「おいしい!!」と
食べてくれました。良かった!!
IMG_6410.jpg

お刺身をつくってくれた漁師さん。
漁師さんが切った刺身って、なんでこんなに美味しいんでしょうか・・!!
この日はうちに泊まっていただき、翌日、透析患者の会「腎友会」での
講演会をしていただきました。
その様子は、後日ブログに書きます!
IMG_6406.jpg

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和6年度 山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR