FC2ブログ
   
12
1
2
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

手作りかんころ餅への道

五島の名物、「かんころ餅」を、かんころから
手作りしたくて、トライしてみました!

かんころとは、サツマイモをゆでて干した保存食。
結構カチコチになるまで干したものです。
それをもち米や砂糖と合わせて搗いたものが、「かんころ餅」
もち米より「かんころ」の方がずっと分量が多いので、
お味はかなりのサツマイモ感✨
甘くてふんわりもちもち美味しいんです💛私にとっての
ソウルフードです。

昔、おばあちゃんと一緒に手作りしていた父と母に来てもらい、
かんころづくりをレクチャーしてもらいました。
サツマイモはうちは育てていないので、父母が畑で丹精込めて
作った芋をおすそ分けしてくれたものを使いました。

サツマイモを切る独特の道具は、おばあちゃんが使って
いたもの。父が刃をピカピカに磨いて持ってきてくれました。
珍しいこの道具に興味を持った子ども達も、手伝って
くれました。

今は北風に当てて、ゆでた芋を乾かしている最中です。

祖母にとって、手間がかかるかんころづくりはきっと、
季節が廻れば必ずやる、生活の一部だったと思います。
「芋を掘ったら、かんころ作って、かんころ餅に加工して、
大切な人たちに配る。」
芋から手作りのかんころ餅づくりは、きっと、亡くなる数年
前まで、多分一年も欠かさずやってきた、祖母にとっての
季節の楽しみだったのかな。
わたしはそんな「おばあちゃんのかんころ餅」を食べて
育ってきました。
今も、おばあちゃんが家の前に干し台を広げて、かんころを
一所懸命に干している姿を思い出します。

今は亡きおばあちゃんも、天国から「あよー。ちーはとうとう
かんころば作りだしたかあ~~」なんて笑っていそうです(^^)

年末、この「かんころ」と「えん」でとれたもち米で、
かんころ餅を作ります。
きっと少しの量しか作れませんが、かんころ餅が好きな
うちの子達も、今からワクワクしています(*^-^*)


本当は、両親が焼き芋用に育てた甘ーいサツマイモ。
1,11,28,12

火は子ども達に起こしてもらいました。
1,11,28,11

母は、五島にお嫁に来てからかんころづくりを手伝ってきました。
昔話の花が咲きます。
1,11,28,14

小さいころからやってたなあ。懐かしい!と父。
1,11,28,10

さあ、留学生もチャレンジ!
1,11,28,8
1,11,28,7

プチ滞在中の東京のりゅうやくんも。
2週間しかないから、いろんなこと体験して帰るんだ!!と
やる気満々。
1,11,28,6

プチ反抗期中の太志にも(笑)声をかけたら、珍しく素直に
付き合ってくれました(^^)
1,11,28,3

薪の炎で思わず焼き芋焼いちゃいました!
1,11,28,1

かんころをスライスする道具は、面白い。
1,11,28,9

子ども達が薪で沸かしてくれたお湯で、茹で上げる。ゆで加減が難しい。
1,11,28,4

1,11,28,5

干します。この後カラスにちょっぴりやられました・・。
1,11,28,2
1,11,28,13

この干すという作業が、時間もかかるし大変。
かんころは昔は各家庭で作られていたそうですが、いまは
めっきり減ったとか。干していると「なつかしい!!」と言われます。
この「かんころを干す風景」も、上五島の冬の原風景の一つなんだなあと
感じました。

・・・失われていくもの。
でも私は、おばあちゃんの記憶と共に、細々とでも残していきたいナ。
スポンサーサイト



椿油を搾って食べよう!を行いました

🍀椿油を絞って食べよう!!🍀えんの秋の恒例イベント

15日に、無事に終わりました。
「えん」の敷地内で収穫した15キロの椿の実から、
約4.5ℓの椿油がとれました✨

特別な機械は何もいらない、薪と鍋があれば絞れる、
とても原始的な「炒り搾り」の製法のため、
手間と時間はとことんかかります。

この3連休で秋のしまキャンプも開催したので、島内外から
たくさんの方々が集まってくださって、どんどんお手伝いしてくださいました。

今「えん」に滞在中のインターンの大学生3人も、
力仕事を頑張ってくれて、助かりました。
朝8時から始めて、油が完成したのは17時ごろ。
もうみんなへとへとでした。

夕飯には、椿油絞りを手伝ってくださった方全員に声をかけて、
天ぷらパーティー!
絞ったばかりの椿油100パーセントを使ったので、
天ぷらはカラッと揚がっていて、炒り絞り独特の
香ばしさが最高。
何と33名での天ぷらパーティーとなりました。

子ども達がコツコツとってくれたミナ貝の炊き込みご飯や、
差し入れのタコで酢の物、ママリンの手作りプリンや
手塩で作った五島うどん、えん自家製麦茶など、
みんなで美味しくいただきました(^^)
がんばって絞った分、最高の美味しさ✨

椿油はオレイン酸が豊富で、酸化しにくい高級な油です。
使うたびに丁寧に濾せば、丸一年使えるという
優れモノ。これからまた1年、美味しい椿油の天ぷらが
食べられて、幸せです。


椿の実は、すべて「えん」内で収穫したもの。
採ってくれたのは、地元小学校の5・6年生と、
えんの留学生、そして、今2週間のインターンで滞在している
3人の大学生。全部で20キロほど収穫できました!
1,9,16,16

手前が木に実っている状態。奥がそれをむいて取り出した中身。
1,9,16,1

さあ、イベントの日には、朝8時から作業スタート。
椿の実から種を取り出す作業から一緒に。
1,9,16,2

その種(こちらでは、かたしの実、と呼びます)を
大きな鉄窯を使い、薪で炒っていきます。香ばしい香りが漂います!
1,9,16,3

煙くて暑いし熱い!けど、頑張っています。
1,9,16,6

煙さと暑さ対策ばっちりで、頑張っていただきました(笑)
1,9,16,20

10時のおやつには、掘りたてサツマイモをホカホカに蒸したもの、
そして自家製梅ジュース。大人気であっという間にからっぽ!

ちなみに3時のおやつは、えん自家製麦茶と、椿の花びらケーキ
(朝から焼きました♪)
写真を撮り忘れてしまいましたが・・みんな喜んでくれました!
1,9,16,7

さあ、炒った椿の実を、石うすと杵ですり潰していきます。
1,9,16,5

みんなで息を合わせて、いっちにっ、いっちにっ!
これを交代しながら、数時間やり続けます・・
腰が・・痛くなります💦
1,9,16,4

綺麗なペースト状になるまで根気よくすり潰したら、
大鍋で沸かしたお湯の中に投入。
煮ていくと・・
1,9,16,8

油が浮いてきます!!ていねいにすくい続け・・
1,9,16,9

水分を飛ばすために、別鍋で煮ます。
熱く熱した炭を入れても、じゅーーーっと言わなくなったら、
水分が飛んだ証拠。
1,9,16,19

あとは濾すだけです。
まずは、ザルであらごし。そのあと、目の細かい濾し布で
仕上げます。
1,9,16,10

綺麗な油の完成!
1,9,16,11

うーん、こうやって見ると、色がつき過ぎました。
本来は美しい黄色い油になるはずでしたが・・
最後に煮詰めすぎて、なべ底のオリが、焦げてしまったのが
原因のようです。
加減がなかなか難しいですね・・。
 1,9,16,15

でも、油は黒っぽくても、天ぷらにするといい色に!
100パーセント、この日に絞った椿油だけで天ぷらに。
なんて贅沢✨
1,9,16,12

みんなでパーティー!
1,9,16,13

留学生がコツコツ採ってきてくれた「ミナ貝」で作った
炊き込みご飯は、羽釜で炊いて香ばしく、こちらも大人気でした。
1,9,16,14

しまキャンプも行ったので、2泊してくれた方とは、食事も
外で楽しみました。
今獲れはじめている「あご」で干物を作り、炭で焼いて。
1,9,16,17

賑やかで、楽しい連休でした!
(このあご、留学生がさばいてくれたんですよ!)
1,9,16,18



今年も梅干しできました

手塩の梅干し、1年間の熟成を経て梅100キロ分が完成!
今回のは、梅農家さんのアドバイスで、梅をぎりぎりまで
完熟させて仕込んだ梅干しです。

真夏のギラギラ太陽の下でインターンの大学生たちと、
ヒーヒー言いながら(笑)3日間しっかり土用干しを行ったので、
皮までトロっと柔らか💛
種をしゃぶっていると、梅の芳醇な香りが鼻を抜けて、
すごくさわやかです。

留学生たち、市販の甘い梅干しになれていたようで、
最初は「すっぱい!!」と言っていましたが、だんだん
やみつきになったようで、朝から梅干しを出し忘れると、
「ちーちゃん、梅干しは!?」とおねだりされます。

子ども達がハマっているのが「梅干しの海苔巻きごはん」
しっかり酸っぱくて、芳醇な香りが特徴のこの梅干し
だからこその美味しさです。
これがあると、子ども達全員、朝からたくさんご飯を
おかわりしてくれます。
子ども達の元気の源は、多分この梅干しと、具沢山の
手作り味噌のお味噌汁のお陰でしょう♪

先日、子ども達と来年のための梅干しの仕込みを
しました。今年も100キロ仕込みました!
「来年の留学生も、美味しいと言ってくれるかな!?」と
言いながら・・(●^o^●)

使った梅は、和歌山県の「梅の里農園」勇惣さんの
南高梅と、同じく和歌山県の「K,s gardeN]の橋本さんの梅。
どちらもこだわりの無農薬梅です。

勇惣さんは、主人の長年の友人。橋本さんはうちのお塩の
お客様。
作ってくれた人柄が分かる梅で、毎年梅干しが漬けられる
ことに感謝です✨

1,6,20,5

1,6,20,2 (2)

1,6,20,4 (1)

1,6,20,2 (1)

1,6,20,4 (2)

自給率!

最近、「食事になるべくお金をかけないで、
なおかつ美味しいものを食べる」ことに喜びを感じている
5人の子ども達(笑)

例えば昨日の夕飯の食材は、購入したものはお味噌汁の
お豆腐くらいで、あとはすべて物々交換でいただいたものか、
自給したもの✨

一番のご馳走は、子ども達が海でとってきた貝類。
アワビに似た「じんがさ」という貝やあこや貝は、
バター炒めに。

漁師さんとさばいたトビウオは、手塩で塩干しに。
トビウオの卵(とびこ)は、少し塩をしておいて、
さっと焼いたら絶品のおつまみに!
(美味しさは、テンシン君の表情で(^^))

「刺身は新鮮でもちろん美味しいし、どれもこれも最高の味で、
なおかつお金がかかっていないなんて、都会では
ありえない!」と、都会から来ているしま留学生は
テンション上がっています(^^)

今日も食材ゲットするぞ!と張り切る子ども達なのです。
さあ、今日はどんな食材ゲットしてくるかな?

イカの天ぷらを、アゴ出汁のつゆと畑で採れたて大根を
大根おろしにして、からめて食べます。
1,5,4,3

トビウオの干物。お腹に卵がびっしりでした!
1,5,4,5

とびこ。この食べ方は、私も初めて。漁師さんに感謝!
1,5,4,6

テンシン君もびっくりの美味しさです。
1,5,4,8

あこや貝。良く見つけてきたね✨
1,5,4,7

ジンガサのバター焼き。味と食感は確かにアワビに似ている!
1,5,4,9

フエダイと丸アジのお刺身。
1,5,4,10

えんはゆるーい自給自足なので、季節やタイミングで、
もちろん買うものもあります。
でも、こうやって豊かな食材がそろうと、やっぱりうれしいですね。
1,5,4,4
子ども達の食欲は相変わらず!
作り甲斐があります(^^)

ジビエの燻製づくり

昨日は2か月に一度のジビエ肉の燻製日でした。
1週間前に、上五島でとれたイノシシを主人がさばいて、
塩やハーブ、香辛料で漬けこんでおいたものを、燻製にします。

写真は、ソーセージ作り。
ソーセージの皮が何でできているか、みんなで問題出し合いっこ!
(正解は羊腸。正解者は、この1年食べてきたから自信を持って
知っていた、テンシン君(^^))
31,4,19,5

桜の生木で燻製します。
31,4,19,2

うわあ。美味しそうですね。
31,4,19,3

燻製室に、うちの生みたて卵をゆでたものと、チーズを入れて・・。
31,4,19,4

完成!その日のうちに、夕食でいただきました。
31,4,19,1

そうそう、ちょうど大きなブリの差し入れもいただいて、
この日はお刺身も!
31,4,19,6

みんな、おいしい、おいしいと大絶賛してくれました。
本当に、作り甲斐があります✨
31,4,19,7

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和2年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください。
❣定員いっぱいになりましたので、募集は締め切りました。ありがとうございます。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR