06
2
4
5
7
11
14
15
17
18
21
25
26
27
28
29
30
   

お豆腐作り。最高の出来・・!

豆腐研究会 第4回が、大成功してしまいました・・!
佐賀県のふくゆたか大豆を使用。

前回と同じ大豆を使っているのに、今回のは
豆の香りが違う!甘みがある!食感もむっちりした感じ。
多分、ミキサーのかけ方、煮方、搾り方、にがりの打ち方、
重石の仕方、冷やし方すべてが良かったみたい。

搾り方のコツがだいぶん分かってきました!
IMG_2095.jpg

木枠が大活躍!
IMG_2097.jpg

お~~!美しい!今回は、くずがほとんどありません。
IMG_2100.jpg

18丁のお豆腐ができました(*^-^*)
みんなで山分けです(笑)
IMG_2102.jpg

この豆腐の断面✨
IMG_2104.jpg
次回もこのように作れるか??
多分来週もやります。木曜の午後から。
豆腐の作り方、ちょっとづつマスターしてきたぞ🎶

スポンサーサイト

イノシシ肉で燻製品づくり

上五島のイノシシ肉で、燻製品づくり!
ベーコン、ハム、ソーセージができました♪
IMG_2078.jpg

燻製は、桜の生木で本格的に✨
ベーコンは、何と燻製に7時間かかります。
燻製小屋にお塩を入れておくと、燻製塩ができます。
秘かな人気商品なのです・・!
IMG_2077.jpg

ハムが、イノシシ肉とは思えない柔らかさ。
ハーブ園で収穫したフレッシュハーブ(ローズマリー)
の香りが効いて、何とも言えない美味しさ。
子ども達、朝から争奪戦でした!!
自家用の分は、あっという間になくなります(#^^#)
IMG_2093.jpg

豆腐研究会 第3弾

豆腐研究会、第3弾!!
昨日は、赤ちゃんをおんぶしたママ友さんも参加してくれて、
別件で来られた方まで、最終的には一緒に豆腐作りの
お手伝いしてもらって・・賑やかな研究会となりました。

今回は、すりつぶした大豆を生のまま搾り、その搾り汁(豆乳)
のみを火にかけるという製法「生搾り法」にチャレンジ。

みんなで体重かけて、搾る!これが一番大変!
IMG_2047.jpg

この豆乳が、美味しいのです・・!搾りたては格別なお味✨
IMG_2042.jpg

生搾り法を試してみた結果、
「さらしの目に詰まって、搾りにくい!」
「前回までの方が、コクもあったよね」ってことで、
やっぱり煮搾り法でやっていくことに。
IMG_2040.jpg

この木枠が大活躍!
IMG_2048.jpg

今回は、あっさりしたお豆腐で、やっぱり美味しかったです(*^-^*)

学校から帰宅した子ども達にもお味見を。
「前のよりみずみずしい!」
「大豆の香りが薄い!」
・・・一丁前のコメンテーターです(笑)
夕飯時に、たくさんおかわりしてくれました(#^^#)

未知の世界にみんなでチャレンジしながら取り組むことは、
大変で疲れるけど、楽しくてしょうがないのです♪
IMG_2050.jpg
※「すりつぶした大豆を搾る」この工程が大変すぎる。
お豆腐屋さんでは、機械でやるのでしょうが、
手作業で効率よくしっかり搾れる良い方法、誰か教えて
ください(*'ω'*)

梅仕事の季節です

今年も梅仕事の季節です✨
毎年、梅の本場、和歌山県みなべの「梅の里自然農園」の
勇惣さんの自然農の梅を使っています。

青梅は、子ども達に手伝ってもらい、梅酒と
梅シロップを仕込みました。
竹串で、一つづつ「ヘタ」を取っていく地道な作業。
でも、リズミカルに上手にやってくれました(*^-^*)
IMG_1932.jpg

南高梅はぎりぎりまで完熟させ(その方がトロッとした
梅干しになる♪)梅干しに。
こちらは、アルバイトさん達とわいわい言いながら(#^^#)
60キロ仕込んだけど、楽しくてあっという間に終わりました。
IMG_2022.jpg

手塩が、まるで雪のようです。
IMG_2023.jpg

昨年の、申年(さる年)仕込みの梅干しも完成!
申梅(さるうめ)といって、とても縁起がいいらしいです✨
赤しそは、今上五島でがんばっている、
若い夫婦の農家さん「岡ちゃん農園」のもの。
主人が丹精込めて作ってくれた「手塩」で仕込んだ
梅干しは、果肉がとろっと柔らかく、風味も
豊かで身体が喜ぶ味。
ハチミツなどが入った甘い梅干しは・・うちでは
考えられない!
真夏に3日間、土用干しも頑張りました。
この梅干しで、今年も暑い夏を乗りきるぞ。
18718474_298249650586903_400328546_n[1]

豆腐研究会!?

「手塩」のにがりで作った、美味しい豆腐を食べたい勢いで、
「えん」の従業員さん達と始めた豆腐作り!
今回は第2回目。名付けて豆腐研究会(仮)

先週は味は抜群だったけど、薄い豆腐になったので、
今回は、大豆の量を3倍にしてチャレンジ。
お鍋に入れた水の量、32リットル。大豆は3.6キロ。
そしたら・・・わー鍋からあふれそう!こぼれる~~!
みんなで笑った(*'ω'*)
IMG_1782.jpg

みんな素人なので、全ての工程に悪戦苦闘。
あーでもない、こーでもない・・
でも、それが楽しかったりするのです(笑)

これは、豆腐用の木枠にぴったり合うように、アルバイトさんが
ミシンで縫ってくれた、さらし。美しい豆腐を目指して✨
IMG_1786.jpg

これは、出来立ての豆乳に「手塩」のにがりを打って、
ホロホロに固まってきたものを、木枠に入れているところ。
重石をしたら、四角い豆腐になるのです!
IMG_1796.jpg

木枠から出した瞬間、「おーーーーーっ!!」と、皆で感激の声(*^-^*)
IMG_1800.jpg

結なかなかの出来!厚みもばっちり。
ただ、厚みと硬さが均等ではない( ;∀;)でもやっぱり、お味は最高✨
大豆の味と香り、甘みもあって、とにかく味が濃い!
子ども達、おかわりたくさんでした。
しばらくは、毎週豆腐作ります。さあ、おから料理も研究しなきゃ!
IMG_1804.jpg
今日の田植え後のお茶タイム用に、このおからを使った
美味しいおやつを用意しておきますね。
遊びに来てくださ~い(^o^)/

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※H29年度 小学生、山村留学生募集中!!詳しくは、下の「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください!

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺16年現在、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、13年現在まで35回、約600人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR