FC2ブログ
   
10
2
3
4
7
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

焼きあごづくり

先日、漁師さんのご厚意で、子どもたちをアゴ船に
乗せていただくという貴重な体験をさせていただきました!

アゴ船は、2艘が一組になって、両方の船から網をたらし、
全速力で引きながら漁をします。
後ろの船に、子どもたちを乗せてもらいました。
DSC_0031.jpg

船上での様子は写真がないのですが、実はこの時
テレビの取材を受けていまして、(まだ情報解禁されていないので
解禁されましたら、お知らせします!)
その時にたっぷりご覧いただきたいです!

写真は、アゴを串にさし、炭焼きの準備をしているところ。
DSC_0038.jpg

炭をおこし、きれいに並べて焼いていきます。
使う炭は、主人の手作りの炭です。
DSC_0048.jpg

アゴ焼きは、我が家の秋の恒例行事。
香ばしい香りが一面に!!(柴犬のリュウと猫のモモちゃん、
みーちゃんは大興奮)この日は特別に、ちょっとおすそ分け(笑)
DSC_0062.jpg

焼きあごは、このあとしっかり干し上げて、1年分の
我が家のお出汁に。
この焼きあごで出汁を取って、我が家の生みたて卵で
作った茶碗蒸しは、主人の一番のお気に入りの料理です(^^)
DSC_0073 (1)

以上、今日の写真はテンシン君の撮影でした~!
(なかなか上手です)
DSC_0072 (1)
スポンサーサイト

上五島にアゴが来た!

今年も、新上五島 小串漁港にアゴ(トビウオ)がやって来ました!!
北風が吹くとやってくるアゴ。
本格的な秋の到来を感じます。

明日で2週間のインターンを終える、大阪と高知の
女子大生2人。
最終日に、アゴ漁の荷揚げの仕事を経験することができました。
魚を触ったことがないという一人は、ぴちぴち跳ねる
魚たちに大騒ぎでしたが(笑)
いただいたアゴは、お刺身にして手巻きに♪
残りは干物に!とっても美味でした♪
41445850_694057634291422_7352687576404197376_n[1]

上五島の、虫や生き物たちとの距離が近い(自然がいっぱいの)生活に、
最初は「キャー!!!」と叫びすぎて
しんどそうでしたが、少しは慣れたかな?

漁師の奥様方に、漁師用の可愛いウェアーを貸していただきました。
似合っています(^^)
41446564_327103858100685_4565696363320311808_n[1]

この2週間、我が家の仕事を、数えきれないほど
いろいろ手伝ってくれました。

子どもたちの宿題も見てくれたり、一緒に遊んでくれたり・・・。
DSC_0083.jpg

帰る前日の夜、女子大生の2人がサプライズプレゼントをしてくれました。
2週間のインターン中にとった写真を使った、額に入ったアルバムでした。

写真の額が、自分たちで拾った椿の実の殻で飾られていて、
素敵でした✨
DSC_0007.jpg

彼女たちの目に、上五島はどう映ったでしょうか。
また、上五島へ帰ってきてくれると嬉しいです。
41522515_699132270454817_1314980061023043584_n[1]

ウニとテングサ

上五島の夏の味♡ウニとテングサ

先日、島の西側の曽根地区に遊びに行ったら
(目的は、ふれ愛ランドのローラースケート)
おじちゃん、おばちゃんたちが続々と網を持って
海辺へ下りて行くので、何事だろうと、子ども達と一緒に
後をついて行ってみました。
DSC_0455.jpg


すると、テングサ、ウニ採りの真っ最中でした!
網の中にたくさん入っているのが、テングサです。
DSC_0487.jpg


海好きの留学生のテンシン君が、ハイテンションで
見学していると、それに気づいた優しい方が、
その場でウニを割って、海水で洗って食べさせて
くれました。
DSC_0467.jpg

ここまで新鮮なウニを食べたのは私も初めてしたが、
とろりとした甘みと、磯の香りと、程よい塩加減が、
もうたまりませんでした!
テンシン君が大喜びだったのは、言うまでもありません!(^^)!
DSC_0468.jpg

たくさんのテングサは、早速岩場でたくさん
干されていました。
白くなるまで何度も洗って干すを繰り返し、焚いて
トコロテンにするそうです。

島のおばちゃんたちの手作りのトコロテン、
最高なんですよね!海藻の風味がほんのり残る、
なかなか食べられない一品✨

こうやって海に入って採っているところを見ると、
今年はますます美味しく感じそう。
DSC_0482.jpg

後ろの山は、標高443mの、上五島で1番高い番岳。
その昔、外敵を見張るのろし台があった場所です。
岩場が黒いのは、番岳が昔噴火して溶岩が流れ出たからだそう。
DSC_0475.jpg

岩場では、いつの間にか生き物探しに夢中になる
子ども達(と、大人たち(笑))
かに、なまこ、アメフラシ、イソギンチャク、カメノテ、
たくさんの貝類、、など、いろいろ見つけることができました。
DSC_0488.jpg

ラッキーな、いい日でした!!
DSC_0492.jpg

春のくらしの学校「えん」


春の くらしの学校「えん」

青い海
青い空
段々畑の麦と菜の花
私の大好きな眺め

左に見える木造の小さな建物が
建設中の「かくれが」
もうすぐ、母屋と渡り廊下でつながります。

低予算で、よくここまでできたなあ(;´∀`)
皆さんのご協力のおかげです!!
PIC_0465.jpg

鏡開き

年末に搗いて作った鏡餅。
昨日、学校から帰った子どもたちと、鏡開きをしました。
PIC_0436.jpg

鏡開きは毎年の恒例ですが、今年のお餅は開きやすかった(●^o^●)
🎶ひらけ!ひらけ!ひらけごーまー!!🎶
大好きな極楽波動夢クラブの「ひらけごま」を
みんなで歌いながら♪がよかったのかな。
PIC_0454.jpg

開いた餅はさらに乾燥させ、油で揚げて手塩でほのかに
味付けし、美味しいかきもちにします。
PIC_0453.jpg

我が家が大事にしている「二十四節季」に沿ったくらし。
PIC_0455.jpg

もうすぐ、七十二候の「にわとりはじめてにゅうす」の日。
ニワトリが、卵を産み始めるころ。という意味です。
我が家は自然養鶏なので、本当ににこのタイミングで
卵を産み始めることが多くビックリします。

去年生まれた黒烏骨鶏ちゃん、ずいぶん大きくなったし
もうすぐ卵を産むかな💕
PIC_0458.jpg

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※H31年度 小学生、中学生山村留学生募集中!!詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください!

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺18年現在、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を継続し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR