06
1
3
5
6
7
8
10
11
13
14
16
17
19
20
21
26
27
28
29
30
   

タンカー船事故への対処について

44.jpg

先日お伝えした「タンカー船事故による重油等の流出」についてですが、
その後も五島近海に直接的な影響は見られず、「ひとまずは安堵」
している毎日です。 そんな中、ここ数日で動きがありましたので、
かなり長くなりますが、今回はそれをお伝えしたいと思います。

重油もコンデンセートも目視することができる物質ですが、「五島の海は
本当に大丈夫」という確証を得るため、また実質的な被害や風評被害に
対応するためにも、まずは水質を検査できればと、「計量証明事業所」に
海水の水質検査について問い合わせてみました。見積もりを取った
ところ、一度に20万円前後の費用がかかることが分かり、この島の
他の製塩業者さんとも相談したりしましたが、最終的には新上五島町
役場に相談をしてみようと思うに至り、一昨日の木曜午前11時ころ、
石田副町長さんに電話で相談したところ、まず以下に記したような
回答をいただきました。

〇まだ影響が五島から遠く離れたところでしかみられない現時点では、
 役場が水質検査を実施するのは難しいと思う、、、ということ
〇町役場で年に4回以上、海水の水質検査を実施していて、その結果は
 見せることができる、、、ということ
〇ただ、「油の流出」といった事態を想定して行っている訳ではない
 ので、今回の場合その検査では不十分と思われる、、、ということ
〇この島にある「上五島国家石油備蓄基地」が毎月、海水の水質検査を
 行っていて、そこでは検査項目に「油」も含まれる。そのデータを
 一般に公開できるかどうか分からないので私(副町長)が問い合わ
 せてみる、、、
ということになり、いったん電話を切りました。そしてその日の午後、
副町長さんから電話があり、備蓄基地が行った検査結果のデータを、
(正式に情報開示請求をしたわけではないので)広く公開はできない
けど閲覧は可能ですとの回答をいただき、データでは現在のところ
タンカー船事故の影響は五島にはないだろうというお答えもいただき
ました。それら資料を郵便で送るとも言っていただいたのですが、
電話だけでのやり取りでは失礼であるし、お忙しい中で迅速に対応して
いただいたお礼も述べたかったので、直接役場へ伺ってそれらのデータ
や資料をいただき、今後についてのお話などもして帰ってきました。

上五島には「世界初の洋上石油備蓄基地」という特殊な要件があり、
今回のケースではそのお陰で海水のデータを見ることができましたし、
今後もそこでの検査に異常があれば、町役場には必ず情報・連絡が
入ることになっていると聞くこともできましたので、現段階として、
僕がやれること、知っておきたいことは、知ることができたのかなと
思っています。そして、『島の基幹産業の漁業はもちろん、製塩業者さん
にとっても「五島の海はきれい」という事実・イメージは生命線である
ので、町役場としてもできることはなんでもやっていきたい』という
お言葉を副町長さんから言っていただきました。
一個人からの突然の電話であるにもかかわらず、迅速に丁寧に対応
してくださった石田副町長さんをはじめ、関係各課の皆さんには本当に
感謝していますし、それだけ高く関心を持ってくれているのだと、
とても嬉しくも思いました。
魅力あふれる島「上五島」を、もっともっといい島、元気な島に、
みんなでしていきたいです。
そしてきれいな海、命の海を、少しでも良い状態で次世代に残し、
手渡したいです。
以上、長くなりましたが報告まで。
スポンサーサイト

タンカー船事故による重油等の流出に備えて

小野ゴリリンです。

1月6日に発生したタンカー船事故により、過去最大規模の
重油及びコンデンセートが流出し、数日前の2月初旬頃、
奄美大島の沿岸にその影響と思われる物質が流れ着きました。

まだ五島近海には何の影響もないと思われますが、とにかく
不思議なくらいメディアで放送されないので極めて情報が少なく、
ネット上では様々な意見が散見されている現在、それらに
踊らされることなく冷静に事の成り行きを見守ろうとしている
ところです。

いま現在の我が家にできる事として、全部で約18トン貯めること
のできる貯水タンクを常に満水にし、五島沿岸に重油等が流れ
着いた時点で海水の取水を中止。そして18トン(約3~4週間分、
300~400Kgの塩)分の塩を作った時点で安全が確認されるまで
海水の取水および製塩を中止する方針です。

詳細等が分かり次第、改めてこのブログでお知らせいたします。

PIC_0902.jpg
上の写真は、先月の1月中旬に我が家が設置した海水の取水
パイプです。マイクロプラスチックの除去を目的として、
海岸に4m強の穴を掘り、パイプを垂直に埋めました。
こうすることで、海水中に混入していると思われる、目に見えない
プラスチックごみを、土や砂利等の自然のろ過機能で除去できると
思われ、さらに良い塩を作ることができる…。
このことを書こうとしていた矢先に今回のタンカー事故が
発生してしまいました。

一日も早く収束し、美しい海、いのちの海が、守られることを
切に祈ります。

しまキャンプでの亀工房さんの演奏です。

IMG_3643.jpg
ひさ~しぶりのゴリリンの書き込みです。
ただ今キャンプの子ども達に送る写真とDVDの編集・製作 真っ最中!!
今回は音楽キャンプということもあって動画が多く、データが重すぎてどうしても
DVDに入りきらないので仕方なくいくつかの動画を削除することになりました。
その中から一つ、キャンプ2日目に初めて亀工房のお二人が子ども達の前で
演奏した時の動画(この懐かしの「コーヒールンバ」は2曲目で披露)を先ほど
投稿してみました。めっちゃカッコイイです。
ちなみにこの後、子ども達の多くは心地よい音楽を聴きながら爆睡(笑)。
それもそのはずで、この前日(つまり初日)の夜、大興奮でなかなか寝付け
なかった子ども達はかなりの寝不足。ふだんは9:30就寝6時起床のうちの太志は
小3のちびっこ4人組とテントで22:30に寝て5時前に起床しています!!

「亀工房」の前澤さんご夫妻とは、僕がこの島に来る直前の98年、山梨県・清里の
キープ協会で環境教育の実習生をしていた時からのお付き合いで、旦那さんは
2000年の春に五島の我が家にも来てくれたことがあるので、今回15年ぶりの
再会。6人のお子さんの内3人がキャンプにも参加してくれました。
本当に濃い~6日間で、僕としてはベスト5に入るくらいの大成功のキャンプでした!!
 ※「亀工房」として5枚のアルバムを発表・発売しています。HPから購入でき
   ますのでぜひ!!      「亀工房」で検索

そして今回の写真は、実は昨日ママリンの?8回目のバースデーだったので
その時の一コマ。 しかしまあ我が母ながら元気です!!

若者 来たる!!

P9240603 - コピー
今日は千鶴が不在だったので、久しぶりのゴリリンの書き込みです。
上の写真は、今日午前の高速船で島を離れたハッチ。そして太志と、若者ではないけど
ママリン(笑) ハッチは1年半前、当時は富良野高校3年生として、「46億年の
トレイル作りキャンプ」と「春のキャンプ(あーちゃんとの音楽キャンプ)」にスタッフ
で来てくれた「自然大好き・手作り大好き」な女の子。今回は北大1年生となって五島に
遊びに来てくれました。18日の水曜日にこの島に着いたけれど、我が家で寝泊まりした
のは最初と最後の2泊だけで、あとは村上さんやサーファーのリョウちゃんの家に泊まって、
お手伝いをしたり遊んだり…と、島の暮らしを思いっきり満喫したようです。
最後の夜は太志と一緒にお風呂まで入ってくれて、太志はハッチにベッタリでした。

下の写真は、今日の午前中に我が家を訪れた長崎県立大学の学生たち。(ハッチも
20分くらい行動を共にしたけど、11時の船に乗るため我が家を離れました。)
塩づくりの見学をした後は、「風庵」の中で車座になって、僕がここに来るまでと
ここに来てからのことを延々と2時間!!も話しました。さすがにしゃべり疲れた。
みんなは聞き疲れたかな…? 我が家がしていることに興味を持って楽しんでくれた
みたいで、またいつか島に遊びに来て、ゆっくり話がしてみたいです。
ちなみに11月20日に、今度は僕が長崎県立大学に赴いて90分ほど講話をする
ことになっていて、それも今から楽しみです。
P9250609.jpg
下の写真は、今日、漁師の友人カーボーからもらったブリの子。(ブリの中学生くらいかな?
島ではヤズと言います。刺身で食べました。若者らしくプリッとして美味しかったです~!!)

若者がたくさん来てくれた我が家でした。
P9250610.jpg

ゴリリンです。新しいカマド、とても順調です。

006.jpg
ゴリリンです。上の写真は、4月末に友人の左官さんとカマドを作っているところ。
この黄色の耐火レンガの外側に、赤い普通のレンガを組んでいきます。
僕が製塩のカマドを作るのはこれで7つ目ですが、初めてプロの左官さんと一緒に
作りました。5月末から稼働し始めましたが、お陰様でとても順調。熱効率が良く、
沸点に達するまでの時間がダントツに早いです。このカマドはかん水(濃度の濃い
塩水)も作れるし、仕上げ作業もできます。2日に1度、仕上げ作業をするペース
を今後も無理なく続けられそうで、これまで12~15キロ/日ペースだった生産量が、
20キロ前後/日に増産できそうです。6月は梅干し作りで、お塩が最も売れる
時期ですが、今年はなんとか乗り切れそうです。今日現在でご注文から2週間前後で
お届けできるようになりました。良いお塩をバシバシと作っていきま~す!!

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※H30年度 小学生、山村留学生募集中!!詳しくは、下の「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください!

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺16年現在、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR