FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
6
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ぬか漬け・・・魔法のお料理

突然ですが・・
ぬか漬けを休まず作り続ける人を、私はすごく尊敬します。

知りあいに無農薬栽培の米農家さんが多く、お米は必ず
玄米で取り寄せています。(というか、塩と物々交換!)
毎日精米して食べるので、我が家にはいつでも新鮮な
米ぬかがあります。

結婚当初、これを見たママリン(主人のお母さん)が、
主人の手づくり「手塩」とこの米ぬかで、ぬか床を
作ってくれました。

が・・・
私は何度これをだめにしたでしょうか( ;∀;)

でも、そんな私に懲りずに、島へ遊びに来るたびに、
ママリンは私がお願いすればいつでも新しいぬか床を
こしらえてくれました。

ママリンは、7年前横浜から上五島へ越してきたとき、
ぬか床も一緒にお引越ししてきました。
このママリンのぬか床は特別で、80代のおばあちゃんから
年代物のぬか床を少し分けてもらって、大事に育ててきたものだそうで。
この時、うちのぬか床にも、このスペシャルなぬか床を
すこし足してもらいました。

うちのぬか床が変わったのは、この時からです。
味も風味も、ぬか床の手触りも。
それでも不精なわたしは何度もダメにしかけて・・(-_-メ)

そんな私も、さすがにぬか床との付き合いが長くなると、
だんだんコツもつかめてきました。
不精でも、ぬか床と付き合える方法・・

先日、数か月眠らせていたぬか床を、急に再開したい衝動にかられ、
(きっかけは、ママリンからのぬか漬けの差し入れが
美味しすぎたことと、「食堂カタツムリ」という本を
呼んだこと)、マイぬか床を起こし、ママリンから元気な
ぬか床を少しいただき、新米の新しいぬかも加え、
無事再開できました。

私の好みは、浅いぬか漬け。サラダみたいに、バリバリ
食べれるくらいの。
太志は小さいころからぬか漬け大好きで、初めて食べた
というテンシン君は、ハヤトウリのぬか漬けがお気に入り。

ぬか漬けには、乳酸菌がたっぷりだそうで、家族の健康維持にも
一役買ってくれそう♪

これからも、ゆるーいぬか漬けライフを楽しみたいと思います✨

我が家のぬか床。色の濃いのは、ママリンから分けてもらった
ぬか床。ママリンのぬか床を混ぜたこの瞬間から、ぬか床が元気に!!
以前は、容器もこだわって土ガメにしてましたが、重いし、
管理のしにくさから結局タッパーへ。
DSC_0163.jpg

お野菜を畑から抜いてきて、1分でぬか漬けに仕込めるところが
お気に入り。(洗って皮むいてポン!)
DSC_0180.jpg

ぬか床に入れて一晩寝かせると・・・
DSC_0127.jpg

こんな感じです(^^)
DSC_0159.jpg

バリバリいけます!
DSC_0160.jpg

ママリンと言えば。。ママリン(主人のお母さん)のサンドイッチが、
美味しすぎる!!
子ども達が、すごい勢いで食べました♪
パンに具を挟んでるだけじゃない。絶対に何か
隠し味や、美味しく作るコツがあるなぁ~
さすがママリン!近々習いに行きます✨

ママリンは、料理に魔法を使ってるんじゃないかって、
時々本気で思ってしまいます(*^-^*)
・・・たぶん、長年の経験がなせる業なんですなんよね・・・!

ちなみに、主人のあだ名がゴリリン。ゴリリンのママだから
ママリン(笑)
DSC_0182.jpg
スポンサーサイト

年に一度だけ・・・!

年に一度だけ、高級な五島牛を食べれる日💕

先日、主人の誕生日でした。
五島列島には、「五島牛」というとっても美味しい
お肉があるのですが、高級なので、普段は絶対買えません。

ですが毎年、主人の誕生日のタイミングで
五島牛を売っているお店が「五島牛半額!!」セールを
してくれるんです♪
今年も、主人(ごりりん)のママ、ままりんが、
でっかい五島牛を、どーんとプレゼントしてくれました(^^)
DSC_0153.jpg

レアに焼いて、手塩をかけただけですごい美味しさ。
でもさらに、ママリンの、手作りステーキソース
「グレービーソース」とやらが美味しすぎて、
みんなでほっぺた落ちそうでした。
(ソースは写真に写ってません。なにしろ、あとは食べるのに
夢中だったもので・・・)
DSC_0154.jpg

バースデーケーキは頑張って作りました(^^)
プレゼントはいつも「何もいらない」と言われてしまうので、
結局毎年「手作りケーキ」が唯一のプレゼントです💦
DSC_0157.jpg

「やっぱり五島牛サイコー!!」と、お肉をもりもりほおばる太志と、
初めて五島牛を食べた、テンシン君の幸せそうな顔が
最高でした(*^-^*)

新鮮な風がいつでも!

今年の夏も、新しい風がたくさん通り抜けた我が家でした。

今も我が家は来客いっぱいで、8人で生活していて、
まるで合宿か、宿状態。
夏休み中も、ほぼ休みなく次々と来客が来て、その方々と
一緒に過ごしました。

キャンプの子ども達、スタッフさんたち、キャンプの卒業生、
インターン生、見学と体験でお塩のお客様が数日滞在したり、
来年度のしま留学の現地見学のため、宿泊体験で来られる
親子も・・。

食事のお世話や、お部屋や布団の準備など、大変なことも
あるけど、いつも思うのは、そんなお客様達から、
「新鮮な風」をたくさん入れてもらっている、ということ。

日本全国色んな所から、世代も違えば考え方も様々。
そんな方たちと過ごすと、とても新鮮で刺激的です。

去年のインターン(島キャン)で「えん」に
2週間滞在した埼玉の女子大生「さやぽん」が、プライベートで
彼を連れてきてくれました。
また島へ「帰ってきてくれる」それがほんとに嬉しい。
去年のインターン中の、辛かったけど楽しかった、
そんな思い出話に花が咲きました。

島の友人家族も来てくれて、みんなで石釜ピザパーティー。
大学生がいっぱい。遊んでもらえる太志とテンシン君、
ほんとに嬉しそうです(*^-^*)

以下はピザパーティーの様子です。

素材はほとんど自家製♪のピザ。
ピザのトッピングはいつも盛り上がります!
女子大生とテンシン君。
DSC_0069.jpg

かわいいハートピザ。
テンシン君の大好物の、主人手作りの
イノシシのベーコンをトッピング。
DSC_0070.jpg

夕飯用に焼いたので、あたりは真っ暗。
炎がきれい✨
DSC_0073.jpg

自家製トマトソースのピザ。
DSC_0071.jpg

2年物のトビウオの塩漬け(アゴちょび)のピザ。
こちらはハーブオイルのソースで!
DSC_0072.jpg

香ばしい、おいしそうな香りが一面に♪
DSC_0075.jpg

賑やかに乾杯!
DSC_0076.jpg

たくさん笑っておしゃべりして、楽しいひと時でした。
若い子と一緒にいると、自分も若返る「気分」(笑)です。
DSC_0077.jpg

「それでも、人は、帰ってくる」 お盆の取材



お盆に、私の実家に集まるきょうだいたちの様子が取材されました。
教会と星空。
両親に見守られ、こんなに美しい場所で私たちは育ってきた。
それを再確認させてくれました。

かんころ11k[1]


20代の時、私も奈良で仕事をしながら、お盆と正月には
必ず実家に帰っていました。
高額の旅費と時間を費やして。
それでも、帰らないという選択肢はありませんでした。
今思えば、私にとって実家で過ごす休みは、都会で強く生きていくためには
必ず必要なものだったんだと思います。

かんころ11a[1]

新聞記事、小さくて読みづらいですね・・
取材してくださった絵本作家さん「にしむらかえ」さんの
ブログをぜひご覧ください。
記事には入れられなかったかえさんの「想い」が
ブログにはたくさん詰まっています!
https://kaenishimura.blogspot.com/2018/08/goto-article-august.html

上のアドレスをコピーし、インターネットで検索していただくと
かえさんのブログが見れるはずです。
カテゴリー「上五島プロジェクト」から8月27日の記事へ。
ぜひそちらでご覧ください!

ダイビング体験!(大人編)


ダイビング報告(大人編!)
泳げない&透析患者の私でも、ダイビングを
思いっきり楽しむことができました✨

正直、子どものころから海で泳ぐのが苦手です。
でも、上五島の海の中ってどうなってるんだろう、って、
ずっと興味がありました。
写真ではなく、自分の目で見て、海中の雰囲気を感じてみたい!

今回、家族と留学生、息子の友達と5人でダイビングに
チャレンジすることになり、決まってからは正直
ドキドキでした。

そもそも、シュノーケルさえ使ったことがありません。
前日の夜、あまりにも心配で、息子のシュノーケルを使って、
お風呂でこっそり練習しました。(想像しないで(笑))

主人はダイビング2回目なので余裕顔。子どもたちも、
「楽しみ楽しみ~~!」と能天気。
私だけ、本気で緊張。息できなかったらどうしよう・・。

ダイビングセンターナイスバディーでは、今田さん夫婦と
スタッフさんが、分かりやすく講習してくださり、
疑問も吹き飛び。でも不安は消えない(笑)

1発目にダイブした子どもたちは、先の投稿でもお伝えした
通り、最高に楽しんでいて・・。初めてとは思えないエンジョイの仕方。

私もウエットスーツに着替えましたが、透析でとても大事な
左手のシャント部分がキツイ!これは絶対ダメだと、長そで
インナーを脱ぎ、さらに左手のジッパーは空けたままで対応。
一緒に潜ってくれるインストラクターなつみさんに、シャン
トのことも伝え、準備万端。

さあ、恐る恐る海へ入る。何十年ぶり?意外と気持ちがい
い!
酸素ボンベもしょってみる。もう海面にいるから、重くな
い。
シュノーケルをつけてみる。ボンベで息をしてみる。
ボンベの空気が意外な美味しさでびっくり。スーッと入って
くる。そのままちょっとだけ潜ってみる。お~~!息ができ
る✨

練習後、いよいよ海中へ。でも、潜ったら何もなければ30
分は上がってこないと聞いていたので自信がなく、潜り始め
てすぐに、かなりの不安感。呼吸するのに必死。5分持たな
いかも・・・でも、インストラクターのなつみさんが、こま
めに超笑顔でサインを送ってくれて、早速海の中の
可愛い生き物
たちを次々に見せてくれて・・!

15分経ったあたりからは、呼吸のことより海の中の
夢のような世界に夢中になり、30分はあっという間でし
た。
耳の圧力を調整するための耳抜きも、うまくいきました。
タツノオトシゴ、ウミウシ、ラッパウニなど、可愛いい
生き物 にもたくさん出会えました。

結局、7,8メートルは潜ったようです。自分でもびっくり。

もちろん、シャントも、全く問題なしでした。
チャレンジして良かった!!
DSC_0092 (1)

DSC_0095 (1)

DSC_0094 (1)

DSC_0098 (1)

37792000_1886115048356763_4821594247142572032_n[1]

37790602_1886114821690119_962023939310092288_n[1]

37779882_1886114865023448_4983602801549508608_n[1]

37775473_1886115015023433_3255981116158377984_n[1]

37827538_1886114935023441_8523595802751270912_n[1]

DSC_0100 (1)

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※H31年度 小学生、中学生山村留学生募集中!!詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください!

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺18年現在、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を継続し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR