fc2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

子ども達が神楽を舞う~秋の例大祭~

小串神社 秋の例大祭🍁
今年も、息子と留学生が神楽を舞わせていただきました。

2日間に渡って行われた、秋の例大祭。
毎年、小串の子ども達は、「神楽を舞う」という重要な役割を果たすために
学校を2日間とも早退し、お祭りに参加します。

神楽を舞う、、、まず『踊る』のではなく『舞う』と表現します。
笛や太鼓の音に合わせて能のように舞うからでしょう。
神様に奉仕し神楽を舞うため一般的に『奉仕者(ほしゃ)』と呼ばれます。

この日は可能な限りで、小学校の子ども達や先生も
学校を抜けて、神楽を見に来てくれます。

息子は今年6年目だけあって、堂々と舞ってくれました。
掛け声も低学年の頃の可愛い「や~~~!」と違って、
勇ましく「やぁっ!やぁっ!」
たくましくなったなあと、一人で感動(*^-^*)

留学生のテンシン君は、初めての経験のため
とっても緊張していましたが、頑張って練習した甲斐が
あり、落ち着いて、とても上手に舞ってくれました。

思えば13年前、この神社で結婚式を挙げ、それから
ずっとお世話になっています。
その神社で子ども達が立派に舞いを舞ってくれると、
最高に嬉しい!

子ども達には毎年、なぜお祭りがあるのか、
何のために神社の中で舞うのかを話しています。
太志もテンシン君も、自分なりにしっかりと理解して、
真剣に舞ってくれました。

そんな二人の姿が、とても嬉しかったです。

まずは村周りです。
2.jpg

テンシン君、着物が似合う(*^-^*)
DSC_0174.jpg

息子と、同級生のアキトくんとの舞い。
DSC_0185.jpg

カッコよく決まっていました!
3.jpg

テンシン君の舞い。初めてなのに、一人です!
DSC_0202.jpg

こんなに堂々と舞うなんて、本当に驚きました。
みなさんに、たくさんのお褒めの言葉をいただきました!
放課後、神社に通って頑張った甲斐があったね!
DSC_0204.jpg

天狗と獅子駒。
たくさんのちびっこの叫び声と泣き声が・・・。
やっぱり一番盛り上がります!
DSC_0194.jpg

小さな小学校の、大きな運動会!!その②

特に職場対抗リレーには、北魚目地区の19の団体が
出場。
それも、みんな工夫を凝らした衣装や秘密兵器をもって
気合十分!
会場を大いに盛り上げてくれました。
地元の運動会を盛り上げたい!という地元の方の
地域愛を強く感じました。

PTAが準備した、無料送迎バスや、お茶のサービス、
お昼ごはんの販売も、喜んでいただけて、本当に
良かったです。

写真ギャラリー♪

大人の綱引きも大いに盛り上がりました!
DSC_0234.jpg

お昼用に出店してくれた、地元のパン屋さんとお饅頭屋さん。
DSC_0237.jpg

大人気で、そちらもほぼ完売!
DSC_0238.jpg

小野家のお昼は、賑やか。母たちも作って来てくれて、
御馳走でした(#^^#)
DSC_0242.jpg

DSC_0243.jpg

応援合戦も、毎日の練習の成果が出ていました!
DSC_0248.jpg

職場対抗リレーで、大いに盛り上げてくれた
地域の方々。
爆笑の渦でした!!
DSC_0257.jpg

DSC_0260.jpg

DSC_0291.jpg

6年ぶりの、小学校単独の運動会。
学校と地域が手を取り合い協力すると、こんなにも素晴らしい
運動会になるのかと、感動しました。

最後の校長先生のお話で、来年からは
「北魚目小学校運動会」から、
「北魚目大運動会」に名前を改め、
地域の運動会にしていきたいというお話がありました。

課題はまだまだたくさん。でも、これからが益々楽しみです!



小さな小学校の、大きな運動会!!その①

最初っから涙ぐんでしまった、北魚目小学校の運動会。
一言でいえば、私の地元、北魚目はすごい!

全校児童たった28人とは思わせない、子ども達の
気合十分の声!
留学生のテンシン君がいつも言っている、
「埼玉の500人以上の小学校の全校児童の声より、
北小の28人の声の方が、ずっとずっと大きく感じる」
これが、とても良く理解できました。

一人一人が100パーセント以上の声を出していて、
気合で燃えていて・・そんな姿を見ているだけで、
もう泣いてしまいそうでした。

子ども達には一人一人に係があり、自分が競技に
出ないときも、ずっとグラウンド内を駆け回っていました。
小学校生活、最後の運動会だった太志。
副団長としてみんなをまとめ、大きく体を反らして、
顔をくしゃくしゃにして声を出す姿に、じーんとしました。
太志、大きくなったなあ・・立派になったなあ・・と。

留学生のテンシン君も、埼玉からお父さんに来てもらい、
気合十分。初めての北小ソーランの踊りっぷり、
素敵でした。

島外から船に乗って、子ども達の応援へ駆けつけてくれた
歴代の先生方も何人もいらっしゃいました。
すべての地域種目には、大勢の方の参加があり、
景品が足りるのかヒヤヒヤしたほどでした。

運動会写真ギャラリー♪

会場を雰囲気を盛り上げたのは、地元の漁師さんから
お借りした、大漁旗!!
DSC_0160.jpg

グラウンドの向こうには海!
DSC_0161.jpg

こんなにたくさんのちびっこが(^^)
DSC_0195.jpg

副団長として頑張った太志。
DSC_0167.jpg

中央、テンシン君と埼玉から来たお父さん!
DSC_0199.jpg

親子競技です✨
DSC_0205.jpg

DSC_0208.jpg

DSC_0210.jpg

北小ソーラン!伝統のソーラン節。
DSC_0218.jpg

DSC_0223.jpg

綱引き。
DSC_0226.jpg

特別な運動会

🚩全校生徒28名の運動会🚩
明日、10月14日(日)は、太志と留学生のテンシン君が
通う北魚目小学校の運動会です。

去年までは、中学校と合同で行っていましたが、
中学校が閉校したため、今年から小学校単独での
運動会です。

そのため、学校、PTA、地域、そして子ども達が一致団結して
協力し合って準備をしてきました。
草木が生い茂って見えなくなっていた、校歌にも歌われる
この島で一番高い山、番岳が、地域の方の協力で
グラウンドから綺麗に見渡せるようになったり、役員も、
そうでない人も、様々な準備に駆け回りました。

今年から新たに始まる職場対抗リレーには、日ごろから
子ども達に関わってくださっている、北魚の目地区の企業、
団体が25チーム以上も参加してくださいます。
23の種目のうち、大人の競技が11種目もあるんです!

小学校生活最後の運動会となる、6年生の太志。この
運動会を成功させようと本気で取り組み、頑張っています。
テンシン君は、初めての北っ子ソーランを、全身筋肉痛になりながら
頑張って覚えました。
予行練習を見に行った主人は、感動して涙を流して
帰ってきました。

子ども達の頑張りを、保護者だけでなく地域の方にも
見てほしい!我が子がいなくても、運動会を見に来てほしい!
そんな想いから、小学校と地域を往復する無料バスを手配し、
お昼には、グラウンドで昼食用の販売もします。
販売してくださるのは、パン屋さん「グッドモーニング」と、
地元小串の「花野果」さん。ふくれ饅頭や、かりんとう、
アツアツ肉まんの販売もあるそうです。

子ども達に、みんなからの愛が伝わるといいな。
みんな、みんな見守ってる。そして応援しているよ!
がんばれ北小!

(写真は、去年の運動会。)
IMG_3702[1]

小串祇園祭

小串祇園祭!!
今年は獅子駒と天狗がまわってくるのが早くて、
子どもたちはまだ海で海水浴中・・。
急いで呼びに行き、無事に獅子駒さんに頭を噛んで
もらえました(*^-^*)
DSC_0166.jpg

午後から村周りでの子ども神輿も、暑い中、良く頑張って
歩きました。
DSC_0020 (1)

留学生のテンシン君にとっても、初めての
島の祇園祭り。炎天下で、それも道路の上。
全部歩けるか心配でしたが、終始笑顔で楽しんでいました。
DSC_0022 (1)

ゴール地点。終わった!思わず笑顔。
DSC_0029 (1)

130名ほどが参加した、小串祇園祭の村周り。
水分補給と休憩を入れて、誰も具合が悪くなる人もなく、
無事に終了しました。
DSC_0030 (1)
島の生活で、めきめきとたくましくなるテンシン君です!

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和6年度 山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と暮らし、
石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR