fc2ブログ
   
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

みんなの目に映る「えん」

お盆明けから6日間にかけて行った、
しまキャンプ同窓会。
今度は、参加者の若者が撮ってくれた写真を紹介します。

私の目線と、みんなな目線はちょっと違う。
みんなの目には、くらしの学校「えん」は、
こんな風に映っているみたいです✨
20230825205426809.jpeg


2023082611331301f.jpeg


20230825233155101.jpeg


20230825232858938.jpeg


20230825232824f67.jpeg


20230825232753742.jpeg


20230825232731e87.jpeg


20230825232654cfd.jpeg


20230825232631c7a.jpeg


20230825232544006.jpeg


202308252325157ed.jpeg


202308252057319da.jpeg


20230825205704944.jpeg


20230825205634d58.jpeg


20230825205610d4a.jpeg


2023082520554576d.jpeg


20230825233020e04.jpeg


2023082523292621b.jpeg


202308252329537e2.jpeg


202308252058129c3.jpeg


2023082523324746a.jpeg


写真を見直してみて、つくづく感じました。
ここは、みんなで作りあげた場所。
そして、みんなで守っていきたい場所。
スポンサーサイト



20年分の、しまキャンプ同窓会✨

くらしの学校「えん」では、2000年からのべ
50回、子どもキャンプを主催してきました。

約1週間、総勢30名以上で過ごす野外キャンプは
常にお祭り状態で笑
楽しくて楽しくて、毎回子どもたちに会えることが楽しみで仕方ありませんでした。
それでも、
年々年齢を重ねていく私たちには、だんだん体力の限界が近づいて…

4年前、20年間のキャンプ活動に幕を閉じ、
日常生活の中で3人の子供達と1年間を共に暮らす
「しま留学」をはじめました。

すっかり大人になった、しまキャンプの元参加者たち。
そんなみんなに、「ただいま!」と言える場所を残していきたい。
年に一度はみんなに会いたい。
そんな思いで、しまキャンプ同窓会を開催しました。
2023082515061978c.jpeg


開催日初日。
久しぶりすぎて、何話そう…状態のみんな笑
でも、みんなに共通しているのは「しまキャンプが好きで、
何度もここに来ていた」ということ。

数年分のブランクは、あっという間になくなってしまいます!
20230825150720963.jpeg


近況を伝え合って…
202308251508062a6.jpeg


あの頃、大好きだった場所に腰を下ろして…
20230825150840bcd.jpeg


ゴリリンに、子どもの頃大好きだった「軽トラの荷台」をせがんで笑
(私道ですのでご安心ください!)
20230825150925e32.jpeg


あの頃、毎朝拾っていた、流木と海ごみをまた拾って。
202308251540435a7.jpeg


海辺のバーベキューのために、みんなでおむすび握って。もちろん「手塩」で。
20230825154134099.jpeg


海風を浴びながら…肉を焼く!
202308251542269a9.jpeg


20230825165959854.jpeg


海辺というだけで、ご馳走✨
20230825154347bd9.jpeg


期間中のご飯は、作ってもらうんじゃなくて、
自らつくる!
20230825154433884.jpeg


若者特製、五島うどんの冷やし中華!
錦糸卵が上手でびっくり!
2023082515455644e.jpeg


あの頃を思い出して、お米は薪と羽釜で。
202308251546551e1.jpeg


特製カレーは最高の味✨
202308251547509f7.jpeg


ゴリリンが楽しませてくれていたあの頃を思い出しながら、
自らキャンプファイヤーを準備してくれて、盛り上げてくれた、みんな!
20230825154824ab4.jpeg


当時のしまキャンプでは、至る所で楽器が鳴っていた。
毎晩のミーティングでは、ゴリリンがギターを弾いて、みんなで歌っていた🎵
20230825154850454.jpeg


しまキャンプの定番、石窯ピザは、みんな大好きメニュー。
ゴリリン手作りの小麦粉を使い、ジビエの燻製をトッピング。
202308251549146a7.jpeg


薪で熱々に熱した石窯で焼きます。
美味しいに決まってる!
202308251551171d8.jpeg



だってみんなと食べるから!
202308251549538b4.jpeg


6日間のしまキャンプ同窓会。
のべ22人が参加してくれました!
小学3年生から参加できた、しまキャンプ。

トータル20回以上参加した子だっています。
そんな子たちが声をそろえて言ってくれる、
「ここは第二のふるさと!!」
2023082515522001a.jpeg


みんな当時はあんなに小さかった。
今回会ったみんなは、女の子は綺麗に、
男の子は逞しくなって!

今年も、しまキャンプ同窓会で強く感じたのは、
しまキャンプは終わったけど、なくなるわけではない。
これまで参加してくれたみんなの思いや「未来」が、
新しい形で、むしろパワーアップして続いていく、ということ。

みんなが「ただいま!」と、帰ってきてくれる場所。
これからも、しっかり残していきます!

みんな、また来年ね。

しまキャンプ中止決定のお知らせ

【お知らせ】
3月27日から3月31日までの期間で予定しておりました、
くらしの学校「えん」主催の、「第51回 五島列島しまキャンプ」は、
コロナウイルスの影響により中止の決定をいたしました。

20年間、しまキャンプを通して数えきれないほどの全国の子ども達と、
貴重な出会いをさせていただきました。
それは私たちにとって、かけがえのない宝物です。

この春をもって、最後のしまキャンプであることを皆様に
ご報告させていただいておりました。
子ども自らが張り切って予約の電話をしてくれたり、本当に心から
楽しみにしてくれていた子ども達のことを思うと、
このような判断しかできなかったことを、心苦しく思っています。

昨日、参加予定のすべてのご家庭に、中止のご連絡をさせていただきました。
落胆する子ども達の声を聞き、たまらない気持ちです。

しまキャンプは、このような形で最期を迎えてしまいましたが、夏に、
短い期間ではありますが、しまキャンプ同窓会を開きたいと思っています。
今回会えなかった子ども達の笑顔に、夏こそは会えますように。

一刻も早い終息を、心から願っています。

春のしまキャンプ 定員いっぱいになりました!

51回目の、五島列島しまキャンプ~春休み~

15分間で募集定員に達しました!ありがとうございます。
現在はキャンセル待ちのみの受付です。

本日9時30分から募集開始でしたが、電話が鳴りっぱなし
でした。子ども自ら「ちーちゃんキャンプ行くよ!!」と
電話をかけてきた子も複数いました(^^)
今年も全国から(海外からも!)、20名の子ども達、そして
スタッフさんが集まります。

「ずっと友達」  主人が作った、春のしまキャンプの歌です。
青く澄んだこの島の空の下で、共に泣いて笑って走り回った
しまキャンプの友達。しまキャンプが大好きで、毎年必ず
来てくれる、いつもの子ども達。
初めてのチャレンジをしてくれる、新しい友達。

「ずっと友達でいよう」という強い想いと、この歌詞にあるように、
「青い大地が続く限り、いつかめぐり合える」そんな想いで、
キャンプの度に、20年間みんなで大切に歌ってきた歌です。

子どもたちとこの歌を歌ったら、今年は泣いてしまいそうです。


20年目の春。
最後のしまキャンプ。

2,1,11

最後のしまキャンプ、間もなく募集開始です!

〔最後のしまキャンプ〕
20年目の集大成!!くらしの学校「えん」最後の
しまキャンプの募集開始、間もなくです!

2001年から始めたしまキャンプも、今回の春のキャンプで
最後となります。
前回は、十数分で定員いっぱいになりました。
すでにたくさんの子ども達やスタッフさんから「絶対に
参加する!」という声をいただいていますが、公平を期するため、
募集開始時間を設定し、予約もできないこととしています。

※実施期間 令和2年3月27日(金)~3月31日(火)
※対象 小学3年~中学3年生 20名
※参加費 30,000円
※お申し込みは、お電話のみの受付です。
※募集開始日時 令和2年1月11日(土)午前9時30分から
先着順です。定員になり次第締め切らせていただきます。

新上五島の海と山に囲まれた、豊かなフィールドの中で、
仲間と一緒にいろんな「おもいっきり!」にトライしよう!

ご不明な点は、このページかメッセンジャーにお問い合わせください。


以下は去年の春のしまキャンプの様子です。
2,1,7,1

2,1,7,4

2,1,7,6

2,1,7,7

2,1,7,8

2,1,7,9

2,1,7,5

2,1,7,10

2,1,7,3

2,1,7,2

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
🌊令和7年度(第9期生) 山村留学生募集中🌊
 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学募集のページをご覧ください。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、元気に自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。
2001年から20年間、子ども対象の「しまキャンプ」を、50回
当地で開催。約900名以上の子ども達が島外から参加してくれました。
🌺2017年から、子ども達とこの豊かな環境の中で共に暮らす「しま留学」をスタート!

海水からの塩づくりを中心に、しま留学生と共に季節の移ろいを感じながら、
丁寧に暮らしています。
自給自足の暮らしを目指しながら、ハーブ園、猪肉の燻製品、その他加工品などなどをしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR