FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
6
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ぬか漬け・・・魔法のお料理

突然ですが・・
ぬか漬けを休まず作り続ける人を、私はすごく尊敬します。

知りあいに無農薬栽培の米農家さんが多く、お米は必ず
玄米で取り寄せています。(というか、塩と物々交換!)
毎日精米して食べるので、我が家にはいつでも新鮮な
米ぬかがあります。

結婚当初、これを見たママリン(主人のお母さん)が、
主人の手づくり「手塩」とこの米ぬかで、ぬか床を
作ってくれました。

が・・・
私は何度これをだめにしたでしょうか( ;∀;)

でも、そんな私に懲りずに、島へ遊びに来るたびに、
ママリンは私がお願いすればいつでも新しいぬか床を
こしらえてくれました。

ママリンは、7年前横浜から上五島へ越してきたとき、
ぬか床も一緒にお引越ししてきました。
このママリンのぬか床は特別で、80代のおばあちゃんから
年代物のぬか床を少し分けてもらって、大事に育ててきたものだそうで。
この時、うちのぬか床にも、このスペシャルなぬか床を
すこし足してもらいました。

うちのぬか床が変わったのは、この時からです。
味も風味も、ぬか床の手触りも。
それでも不精なわたしは何度もダメにしかけて・・(-_-メ)

そんな私も、さすがにぬか床との付き合いが長くなると、
だんだんコツもつかめてきました。
不精でも、ぬか床と付き合える方法・・

先日、数か月眠らせていたぬか床を、急に再開したい衝動にかられ、
(きっかけは、ママリンからのぬか漬けの差し入れが
美味しすぎたことと、「食堂カタツムリ」という本を
呼んだこと)、マイぬか床を起こし、ママリンから元気な
ぬか床を少しいただき、新米の新しいぬかも加え、
無事再開できました。

私の好みは、浅いぬか漬け。サラダみたいに、バリバリ
食べれるくらいの。
太志は小さいころからぬか漬け大好きで、初めて食べた
というテンシン君は、ハヤトウリのぬか漬けがお気に入り。

ぬか漬けには、乳酸菌がたっぷりだそうで、家族の健康維持にも
一役買ってくれそう♪

これからも、ゆるーいぬか漬けライフを楽しみたいと思います✨

我が家のぬか床。色の濃いのは、ママリンから分けてもらった
ぬか床。ママリンのぬか床を混ぜたこの瞬間から、ぬか床が元気に!!
以前は、容器もこだわって土ガメにしてましたが、重いし、
管理のしにくさから結局タッパーへ。
DSC_0163.jpg

お野菜を畑から抜いてきて、1分でぬか漬けに仕込めるところが
お気に入り。(洗って皮むいてポン!)
DSC_0180.jpg

ぬか床に入れて一晩寝かせると・・・
DSC_0127.jpg

こんな感じです(^^)
DSC_0159.jpg

バリバリいけます!
DSC_0160.jpg

ママリンと言えば。。ママリン(主人のお母さん)のサンドイッチが、
美味しすぎる!!
子ども達が、すごい勢いで食べました♪
パンに具を挟んでるだけじゃない。絶対に何か
隠し味や、美味しく作るコツがあるなぁ~
さすがママリン!近々習いに行きます✨

ママリンは、料理に魔法を使ってるんじゃないかって、
時々本気で思ってしまいます(*^-^*)
・・・たぶん、長年の経験がなせる業なんですなんよね・・・!

ちなみに、主人のあだ名がゴリリン。ゴリリンのママだから
ママリン(笑)
DSC_0182.jpg
スポンサーサイト

レモンケーキ

レモンの時期になりましたね♪
でも、今年はうちのレモンの木には
一つも実がつきませんでした( ;∀;)
花の時期は夏。ちょうど猛暑で、雨も降らなかったので、
もしかしたらそのせいかもしれません。

残念に思っていたら、知人が育てた貴重な無農薬のレモンを一ついただきました。
ずっと作りたかった、レモンの皮も果汁も丸ごと1個使った、
レモンケーキ✨にチャレンジ。
r.jpg

甘酸っぱい香り。レモンの風味炸裂!!のケーキが完成。
ほんのり酸っぱいとかじゃなく、かなり酸っぱいものが作りたかったのです。

熱ーい紅茶と一緒にいただきましたが・・大満足!
美味しすぎたので、上五島産のレモンが出回ったら
また絶対作ります(*^-^*)
DSC_0173.jpg

太志とテンシンくんも、相当気に入ってくれて、
もっともっと食べたいくらいおいしい~~~!と、お褒めの言葉を
いただきました(笑)
レモンを夏みかんに置き換えて、上五島の夏みかんケーキも
いいかも!甘酸っぱくて、ちょっぴりほろにがで・・・
大人のケーキ💛ワクワク!
柑橘大好きな人には、最高の季節ですね(●^o^●)
DSC_0175.jpg

あんまりおいしくできて、嬉しかったので、友人にもおすそ分け♡
DSC_0177.jpg

幸せなニワトリ


「えん」には今、ニワトリが15羽ほどいるのですが、
そのうちの2羽のニワトリ夫婦が、島内の小学校に
里子にきました(*^-^*)

飼育係の子ども達から、お礼のメッセージをいただきましたが
そこに
「にわとりをはじめてみました。大きくてびっくりしました。」と書かれていて、
そっか!見たことない子もいるんだな、とこちらもびっくり。
ものすごく可愛がられているみたいで、もらわれていったこの子たちは、
ほんとに幸せです💛

学校が名前を募集したら、100通以上集まったそうです。
さて、どんな名前になったのかな♪
x.jpg

「えん」では、「まさる」と「かねこ」と呼んでいました(*^-^*)
仲のいい、穏やかなニワトリ夫婦です。
DSC_0054 (1)

可愛がられているのが分かります。
エサもたっぷり!
DSC_0056 (1)

DSC_0058 (1)

DSC_0059 (1)

麦の種まき

流行りに乗って!?インフルエンザに罹った息子も、
発熱後3日で無事解熱。
今回のインフルエンザは高熱が出やすいみたいで、
さすがの太志もぐったりでした。(皆さん本当に気を付けて!)
昨日から急に元気になり、でもまだ感染の可能性があるので
頑張って大人しくしてもらってます(^^)

同じ屋根の下にいるのに今のとこ元気なテンシン君と
主人と私とで、段々畑7面分の麦の種まきを終わらせました。
何年も前からこの畑で育て、種として繋いできた麦です。
今年6月に収穫した麦は、すべてお醤油の仕込みに
使いました。ただいま発酵中・・・。
どんなお醤油ができるかな(●^o^●)

段々畑のふもとには、東側に開ける海。
作業が気持ちいい。
DSC_0132.jpg

柴犬のリュウ君も一緒に種まき!(実際は、麦の粒が欲しくてずっとおねだり(笑))
DSC_0151.jpg

種まきは、1週間ほどかけてすべて終わらせました。
麦の種まきは僕に任せて!
DSC_0156.jpg

何年も繋いできた麦の種。
DSC_0138.jpg

歌を歌いながら、ノリノリで種まきをするテンシン君♪
z.jpg


子ヤギとじゃれあう…♪

子ヤギと毎日じゃれあうテンシン君(●^o^●)
子ヤギたちも、テンシン君を見つけると駆け寄ってきます✨
すっかり仲良し!

北小は、インフルエンザが猛威を振るい、今日から学校閉鎖
です・・。太志もさっきまで高熱と戦っていました。
皆さんも気を付けて!!

たたたっ!と駆け寄ってきて・・
c.jpg

お膝にぴょん!
e (1)

肩にも乗っちゃうよ!
e (2)

ねえもうちょっと遊ぼうよ~!
b.jpg

ちゅっ💛
a.jpg

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※H31年度 小学生、中学生山村留学生募集中!!詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください!

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺18年現在、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を継続し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR