FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

留学生全員とのお別れ

留学生のソウシュン君が、昨日島を離れました。

太志と共に、初めての「しま」の中学校生活を
思いきり楽しみ、動物を可愛がり、海では釣りや
魚突きに夢中になり、島を大満喫したソウシュン君。
お見送りには、中学校の友達や先輩や先生方が
雨が降る中、たくさん来てくださいました。

出港寸前、涙をこらえて「ありがとうーーーー!!」と
叫んだソウシュン君。
留学開始時に「大きな声を出すのが苦手」だと
言っていたことを、ふと思い出しました。
心も体も、大きく成長したなあと、しみじみ感じました。

ますます大きく成長した姿で、また会える日を
楽しみにしたいと思います。

留学生が全員いなくなり、小野家はうそのように
静まり返っています・・・。

1年間で、本当に大きくなった!
留学開始時に持ってきた服は、ピチピチになり入らなくなりました!
1,3,27,2

中学校の友達からのエールが、心にしみる・・。
2,3,27,1

雨の中、傘もささずに見送ってくれる生徒がたくさん。
本当に感謝です。
1,3,27,3
スポンサーサイト



またまたお誕生日会❣

留学生ソウシュン君の誕生日会!
ソウシュン君は今まで、「えん」のメンバーの
誕生日の時には、ケーキの準備など一番張り切って
くれていました。
そしてようやく、年度の最後にソウシュン君の番が
やって来ました(^^)

ソウシュン君は生クリームが苦手で、フルーツが大大好き。
本人のリクエストは「チョコレートのケーキ」
「えん」の卵を使って、ふわふわに焼きあがりました。
ソウシュン君たっての希望で、1年間仲良くしてくれた
同級生もお誘いし、本人曰く「ちょー満足!」の誕生日会に
なりました❣

子どもたちの希望で、久しぶりに焼いた「えん」の石釜ピザ。
シカのベーコンたっぷり乗せて、こちらも大満足でした(^^)

ソウシュン君と過ごすのも、あと4日です( ;∀;)


ピザもお好みでトッピング。生地も、ソースも、トッピングのベーコンも、
えん自家製♪
2,3,23,6

薪でアツアツに熱した石釜で、香ばしく焼き上げます!
2,3,23,1

ママリンから、カスタードデザートのプレゼント♪
2,3,23,5

中学生3人組。ソウシュン君は福岡なので、留学が終わっても
お互いに行き来する約束を固く交わしている3人です(^^)
2,3,23,8

厨房で、こっそりケーキのデコレーション。
2,3,23,7

ソウシュン君の好みを盛り込んで作った、特製ケーキ。
2,3,23,2

本当はすごく嬉しいんだけど、恥ずかしくてクールを装うソウシュン君(^^)!
2,3,23,3

年度の最後、ようやくこの瞬間が廻ってきました。
おめでとう!!
2,3,23,4

留学生の旅立ち

留学生のリョウ君が、1年間の留学を終え、東京に
戻っていきました。
置かれた状況に応じて、どんなことでも楽しめる
才能を持ったリョウ君。
彼からは、1年間刺激を受けっぱなしでした。

明るくて賑やかで、とにかくお魚が大好きで、島の漁師さんを
「師匠」と仰ぎ、尊敬し、とことん魚を捌くことの
楽しさと喜びを、全身で表してくれた一年でした。
そんなリョウ君の「全身で喜ぶ!!」姿がみんな大好きで、
リョウ君のために、リョウ君の喜ぶ姿が見たいからと、
たくさんの島の方が関わってくださいました。

リョウ君のことだから、今頃すでに、東京で楽しめることを、
見つけている気がします。

子どもたちとの出会いは宝。出会ってくれてありがとう。
いま、心から、そんな気持ちです。

2,3,21,1

留学生、島の学校を卒業しました

留学生のリョウ君、島の小学校で、卒業を迎えました。
この島の小学校で1年間を過ごしたこと、北魚目小学校を
卒業したこと、きっとずっと、リョウ君の心に
残ると思います。

卒業証書を受け取った後、リョウくんは壇上から、
将来の夢を堂々と語りました。
「ぼくは、東京で魚屋になりたいです。上五島の
新鮮な魚を仕入れて、たくさんの人に魚の色んな食べ方を
教えてあげられる、そんな魚屋になりたいです!!」
この一年で、数えきれないほどの魚を捌いた、リョウ君らしい
発表でした。

留学生が島の小学校を卒業するのは、私たちにとっても
初めてでした。
こんなにボロボロに泣いてしまうなんて。

こうやって、子どもと1年を通して過ごさせてもらっている
私たちは、やっぱり幸せです。

リョウ君のスーツ姿が、あまりにカッコよくて・・!
2,3,20,1

でもやっぱりリョウ君。おふざけモード!(^^)!
2,3,20,2

卒業式では、堂々としていて本当にかっこよかった✨
2,3,20,3

PTAの父母が書いてくださった、黒板アート。愛がこもってる!!
2,3,20,4

子ども達からのサプライズ!

とうとう40歳になってしまいました。
素敵な女性の先輩から「女は40からよ❣」
と言ってもらって、慰められています(;´∀`)

「ケーキはいらないよー」と言っていたのに、
夕飯の後、子どもたちから、手作りのサプライズのケーキを
プレゼントしてもらいました。
予測してなかったので、びっくりしました。
どうやら私の透析中に、こっそり作っていたみたいで・・

それにしてもなんという素晴らしい出来!!
デコレーションは完全に負けてます。
子ども達のセンスが光ってる✨
アイディアは、留学生のソウシュン君だそうです。

後から、作っている様子の写真を見せてもらって、
さらに嬉しさがこみ上げてきました。

最高にハッピーな日にしてくれて、ありがとう!!

2,3,18,2

2,3,18,5

2,3,18,1

2,3,18,3

2,3,18,4

プロフィール

くらしの学校「えん」 太志の母

Author:くらしの学校「えん」 太志の母
※令和2年度 小学生、山村留学生募集中!! 詳しくは、くらしの学校「えん」のホームページ「カテゴリー」欄の山村留学のページをご覧ください。
❣定員いっぱいになりましたので、募集は締め切りました。ありがとうございます。

🌺生まれも育ちも五島列島(旧有川町)です。
🌺上五島高校時代は陸上部長距離のキャプテンをしていました。
高校卒業後、奈良でバスガイドを3年ほど勤めている時に腎臓病を患い、
故郷に帰ってきました。
🌺帰郷後は食や農的な暮らしに興味を持つようになり、
今の主人(ゴリリン)と24歳の時に結婚。25歳で人工透析導入、
26歳で長男・太志(たいし)を出産。
🌺2015年、この島の医療関係者をはじめ、多くの方々の
ご理解とご協力のお陰で、在宅血液透析を導入し、自給的な暮らしを
営んでいます。
🌺まだまだ知られていない在宅血液透析のことを知っていただきたいし、
同じ悩みを持つ人達に情報発信したいと、この度ブログを始めました。
そして私たちの自給的な暮らしぶりも伝えられたら…と思っています。
🌺ちなみに主人は7歳年上の横浜市出身、平成10年に上五島に移住して
お塩を作っています。無人の廃村のあばら家をタダ同然で借り、道を作り、
水を引き、開墾し…。2001年から子ども対象の「しまキャンプ」を
当地で主催して、17年現在まで45回、約800人の子ども達が島外から
この「大浦」に来てくれています。
地球46億年のトレイルや石窯ピザ、ハーブ園、猪肉の燻製品、
その他加工品などなど、をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR